2006年2月26日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2006年2月26日放送
海草・アカモクを育成して環境汚染から自然を取り戻したい

漁師たちの間では海の嫌われ者と呼ばれていた海草のアカモク。
そのアカモクが海をキレイにするのではないかと注目した人がいます、宮城県保健環境センターの佐々木久雄氏です。
アカモクがプランクトンの栄養分になる窒素やリンを食べる性質があるため、プランクトンの異常増殖によって起こる、赤潮の抑制に繋がると思いついたのです。
また、アカモクは今まで食べずに捨てられてきましたが、十分に食用にもなるということで地元・宮城県松島町の名物にならないかと町の商工会などにも働きかけています。
実際、アカモクの働きとはいったいどんなものなのでしょうか。
佐々木氏の活動を追って紹介していきます。

モバイルサイト


ドリームメーカー/


佐々木久雄


ナビゲーター/

山口日記

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.