2006年1月22日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2006年1月22日放送
道路と鉄路を両走行可能な車両を開発し、廃止路線を復活させたい

日本中に広がる鉄道網。大都市では通勤列車や新幹線で乗客が溢れるほどの混雑を見せています。
しかし、その一方で地方の鉄道は過疎化が進み赤字路線では廃線などの危機に晒されています。
その状況を打破するため、夢のような乗り物を開発している人がいます。JR北海道の柿本博彦氏です。
電車車両開発よりも低予算で道路と鉄路の両方を走行可能な車両を開発し、廃線に追い込まれた路線を再利用しようとしているのです。
現在はデュアル・モード・ビーグル(DMV)と名付け、試運転が進み、開発は最終段階を迎えようとしています。
しかし、新しい車輌ということで、問題も多く、大きな壁にもぶつかっています。
果たして、夢の乗り物DMVは地方交通網の救世主になれるのでしょうか?

モバイルサイト


ドリームメーカー/


柿沼博彦


ナビゲーター/

遠藤みずき

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.