2005年10月9日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2005年10月9日放送
究極の新素材を開発して、生活に革命をもたらしたい

産業技術総合研究所に勤める蛯名武雄氏は粘土を主原料にした新素材クレーストの開発に着手しています。
粘土の特質は、ガスや水、電気を通しにくい性質で、しかも熱にも強く、材料も安いというところですが、柔軟性に乏しいために加工しづらいものでした。
しかし、プラスティックを少量混ぜ合わせえることで柔軟性を解消し、『クレースト』という新素材を作り出すことに成功しました。この『クレースト』は、現在問題になっている“アスベスト”代替用品にもなり、有機ELや液晶のディスプレイや、電子ペーパーなどのフレキシブル・ディスプレイにも利用が検討されているのです。
将来、石油が枯渇した時にはとって変わると期待される『クレースト』の開発過程を蛯名氏と共に紹介していきます。

モバイルサイト


ドリームメーカー/


蛯名武雄


ナビゲーター/

大多月乃

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.