2005年8月21日の放送|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

お知らせ

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

放送内容

» 2005年8月21日放送
溶岩パネルを開発してゆき、ヒートアイランドを緩和して行きたい

東京の年平均気温はこの100年で3.0度C上昇したと言われています。
それは、昨今話題になる地球温暖化が原因というわけではなく、コンクリートに囲まれた『コンクリートジャングル』が大きな原因になっているのです。
そこで、その緩和のために20年間研究を続けきたのが佐藤俊明氏。
これまでコンクリートで固められた河川などに、独自に開発した溶岩パネルを貼り付け、自然環境の復元に取り組んできました。
そのパネルをコンクリート打ちっぱなしの建物の壁面にも取り付けヒートアイランドの緩和に役立たないかという活動も始めました。
また、この溶岩パネルで使用する良質の溶岩が三宅島に豊富にあるため、三宅島の復興にも貢献できるということでも佐藤氏は考えています。
都会に対して溶岩パネルはどんな環境を生んでくれるのでしょうか?

モバイルサイト


ドリームメーカー/


佐藤俊明


ナビゲーター/

貫地谷しほり

» バックナンバーリスト

本発売

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.