写真

現場レポート

2019.4.8

試写会&舞台挨拶レポート/PART.1

本日4月8日((月))に『わたし、定時で帰ります。』試写会&舞台挨拶が開催されました。
ここではイベントの様子を数回に分けてお届けします!

写真

会場は開演を今か今かと待つお客さんの熱気に包まれていました!

会場となったホールには開場前からたくさんのお客さんが。
会社が舞台である本作にちなんで、来場者の皆さんのドレスコードをオフィスカジュアルに設定。
キレイめのジャケットなどを着用した方が多く見られ、会場全体が会社のような雰囲気に^^

最初は完成ほやほやの1話の試写会でスタート。
その後、司会者のアナウンスの後、吉高由里子さん、向井理さん、中丸雄一さん、内田有紀さん、ユースケ・サンタマリアさんらキャストの皆さんが登場すると、大きな拍手が湧き起こりました。

まずは皆さんから一言ずつ挨拶。
主人公・東山結衣を演じる吉高さんから…と紹介があり、吉高さんが挨拶しようとすると「皆さん今日は本当に…」と結衣の上司の福永役のユースケさんが笑顔で挨拶(笑)。
すると晃太郎役の向井さんをはじめ、他のキャストたちがすかさずツッコミを。
序盤からチームワークばっちりな(!?)皆さんの姿が(笑)。

その後、あらためて吉高さんから挨拶がありました。
吉高さん
「(ユースケさんの挨拶が)2回目はないですね(笑)。皆さん、本日はありがとうございます。頑張りすぎないニューヒロインを演じます、吉高由里子です。よろしくお願いします」

向井さん
「改めまして、『オールスター感謝祭」で優勝しました、向井理です。賞金は全部かどうかは分からないですが(笑)、現場へのケータリングに使おうと思っています(笑)。よろしくお願いします」

中丸さん
「みなさん、こんにちは。比較的定時で帰りそうな顔だと言われます中丸雄一と申します。今回諏訪巧を演じます。よろしくお願いします」

内田さん
「皆さん、今日はありがとうございます。賤ヶ岳という字が難しすぎるのですが、原作通りなので許していただければ(笑)。育休明けで仕事に復帰して、一生懸命自分の居場所を勝ち取ろうとする、張り切りすぎるワーキングマザー演じています、賤ヶ岳八重役の内田有紀です、よろしくお願いします」

ユースケさん
「皆様、本日はお足元の悪い中ようこそいらっしゃいました。初めまして、福永清次を演じさせていただきます、ユースケ・サンタマリアと申します。よかったら今日は名前だけでも覚えて帰ってください。本日はありがとうございます、以上です」
「ドラマに出るのは初めてなんです」とジョークを飛ばすユースケさんに会場からは笑いが沸き起こっていました^^

そして、質疑応答の時間に。
「1話を見た感想」を聞かれた吉高さんは「4月16日の放送が待てないくらい皆さんの反応が見たかったんです。どうでした? 面白かったですか?」とコメント。
すると、その問いに答えるように会場からは大きな拍手が。
「お世辞の拍手じゃないことを願って(笑)、応援よろしくお願いします!」と笑顔で続けました。

また、今作がTBSのドラマ初主演、しかもOLさんでの役も初めてだという吉高さん。
「仕事している役はあるんですが、全面的に会社の中が舞台というのは初めてです」とのこと。
今日の試写会に訪れた人の中には定時より早く切り上げて参加している人もいるのでは?という司会者の言葉に、「そうですよね、皆さん、どうしてるんですか?」と会場に問いかける場面も。
ちらほら手が挙がると、興味深そうに眺めていました。

さらに、ワーカホリックな男性・晃太郎を演じる向井さんには「役と自身とで重なる部分は?」という質問が。
「仕事は好きですね。考えていることはすごくよく分かります。ブラック社員みたいなキャッチフレーズですけど、みんなが悪いことをしようと思っているわけではなくて、僕の演じる種田晃太郎も含めて、仕事が好きだったり、仕事に対して真面目だからこそ自分の信念が出てそこで結衣とぶつかるわけで。それぞれに信念があるからこそ、このドラマは面白いのかなと思います」(向井さん)

晃太郎とは真逆で、仕事よりプライベートを重んじる巧を演じる中丸さん。
役どころについて聞かれると、
「仕事もやっているとは思うんですけど、それと同じくらいプライベートも大事にしているキャラクターです。仕事を頑張るとプライベートをあまりやれない人は結構いると思うんですけど、巧くんは趣味も全力でやれる、器用な人なんでしょうね、そう思います」(中丸さん)

続いては内田さん。
出産後早々に復帰を希望する賤ヶ岳を演じた感想について、
「同級生にキャリアウーマンがいて、お子さんを産んで育休、産休で職場に復帰しても元のポジションに戻れなかったりとか、現実問題すごく悩んでいる子がたくさんいます。今日会場にいらしている方の中にもそういう経験がある方がいらっしゃるのかなと思うのですが、やっぱり女性が仕事を頑張るのってなかなかこの時代でも難しい部分があると思います。そういう部分を賤ヶ岳が背負ってじゃないですけど、どうやっていくのか。そして、結衣と再会してどうやって変わっていくのかが見どころの一つです」(内田さん)

後輩である結衣とのシーンについては、
「結衣とのほっこりしたシーンも増えていきますし、結衣が出てくるだけで癒される、結衣はすごくいいキャラクターなので、皆さんお仕事で疲れた日は結衣ちゃんを見て上海飯店のハッピーアワーに彼女が間に合うように(笑)、応援していただけたらと思います」(内田さん)

「笑顔の奥の目が笑ってない」と司会者から指摘のあった福永を演じたユースケさん。
「よく見てくれてますね、私の目の芝居を。でも言うほどブラックじゃなかったでしょ? これからどうなっていくか、まだ何の片鱗も見せてないんです。福永がなぜブラック上司と言われているのか最初から簡単に明かしていない。最後とんでもないことになりますから、最後まで注目していただきたいです」(ユースケさん)

以上、質疑応答パート1でした。
まだまだ続く質疑応答の様子、キャストの皆さんのお写真は後日アップ予定ですので、お楽しみに!

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

TOP