TBS 金曜ドラマ「うぬぼれ刑事」

現場レポート

No. 11

2010年6月29日 (火)

制作発表 <質疑応答篇>

( 制作発表レポをご覧になってないかたは、まず こちら をお読みください。)

Q. 『 うぬぼれ刑事 』 の見て欲しいとことは?

長瀬智也 さん
ひとりひとりのキャラクターが非常に濃いので見ていただきたいのと、1話ごとに豪華ゲストが出演してくださるので、その方たちとうぬぼれのカラミに注目していただければと思います。

生田斗真 さん
西田さん演じるうぬぼれのお父さん・葉造が書いた 『 うぬぼれ刑事 』 という小説がドラマ化されることになって、僕の演じるダサメが “うぬぼれ” を演じる、という劇中劇が出てくるのでぜひ見ていただきたいです。僕が長瀬くんの格好をして、犯人に告白しています (笑)

中島美嘉 さん
私自身のみどころというよりは、『 うぬぼれ刑事 』 は声を出して笑えるドラマなので、全部を通してみていただければストレス発散になると思います。

荒川良々 さん
僕は刑事としての説明セリフが多いので滑舌よくセリフを言おうと思っているのと、背筋をちゃんと正して演じようと思っています。そこが見どころです (笑)

要 潤 さん
僕はパティシエ役なんですけども、うぬぼれ5でバーに集まるときに必ずスイーツを持ってくるんです。“トゥッティフルッティ” というケーキがオンエアされたあとはケーキ屋さんからトゥッティフルッティが消えるんじゃないかな。あっ、みどころでしたね。松岡の持参するスイーツを楽しみにしていてください。

矢作 兼 さん
うぬぼれ5はいつもバーで集まっている設定なので、バーでの掛け合いを見て欲しいです。
先程、言い忘れましたが、僕はうぬぼれカメラマンの役で、乳首以外は全部脱がすことができるという自信のあるカメラマンなんですけど、カメラマンとして撮影しているシーンがないので、今後出てきたらいいなと思っています (笑)。あれ?そんなシーンないんですか?? (笑)
ということで、バーでの掛け合いは本当に面白いのでみどころです!

(photo)

矢作さんの言葉に思わず、一同、大爆笑。

西田敏行 さん
私は長瀬くん演じるうぬぼれの父親役でございまして、多分、私もうぬぼれている父親です (笑)
後ろにあるうぬぼれの自宅セットで撮影しているのですが、長瀬くんとのカラミと犯人と目されるゲストの女優さんともココでからむので、今朝も蒼井優さんとからんじゃったんですけどね。ばっちりからんでいるので、うぬぼれの自宅でのシーンも見て欲しいなと思います。

(photo)

西田さん、蒼井優さんとのカラミを強調中!

Q. “ うぬぼれる役 “を演じてみていかがですか?

長瀬智也 さん
そうですね。セリフだけでうぬぼれているということは伝わるんですけど、表情や仕草に関しては宮藤さんと研究しました。あとは、自分の周りにいる “うぬぼれている人” の情報をお互いに出し合ったりしながら演じているので、ドラマを見ていだだければ “うぬぼれてるな” と、感じると思います。

生田斗真 さん
僕は劇中劇で “うぬぼれの姿” を再現しなきゃいけないので、長瀬くんのうぬぼれ芝居を研究しながら、モノマネじゃないですけど、再現に励んでいます。

要 潤 さん
うぬぼれ5のたまり場であるバーでは、いつもメンズトーク。だから、うぬぼれ刑事が 「 新しく運命の人と出会いました 」 ってやってくると、「 それは完全にイケる!」 「 絶対に告白すればいけるよ!」 ってポジティブなメンズトークを繰り広げて、それが自然とうぬぼれている感じがでているのかなと。男が集まると、そういう上っ面の、ものすごく勘違い野郎の話になるので、そこはすごくリアルだなと思っています (笑)

矢作 兼 さん
そうですね。演じるも何も “まんま” というか…。「 衣裳合わせ 」 の際、モテたい願望が強い男のファッションをスタッフさんが用意してくれたので、色々と着てみたんです。そしたら、ほとんどが僕の私服と同じでした。だから僕、うぬぼれているんでしょうね。僕が言いそうなセリフが書いてあるし、ほぼ言ったことがある言葉だし。脚本は “うぬぼれているセリフ” を宮藤さんが書いているでしょ。だから、多分、僕はまんまなんでしょうね。うぬぼれてスミマセンでした。

(photo)

矢作さん、私生活からうぬぼれている発言!

(photo)

中島さんも、思わず笑ってしまっています(照)

(photo)

磯山P&宮藤さんも(笑)

Q. 息子役の長瀬さんはいかがですか?

西田敏行 さん
最高の息子です。個人的にも長瀬くんのファンだしね。彼の横顔が好きなんですよ。縦も好きですよ。縦も好きだけど、横には哀愁があるんですよね。なんかいいんですよ。“憂い” があってね。最高の息子なんだけど、多分、僕の遺伝子はほとんど入ってなくて、母親似なんだと思います。

(photo)

西田さん、長瀬くんの話をしながら嬉しそうです。

Q. 以前、「 刑事モノはやらない 」 とおしゃっていましたが…。また、“うぬぼれ” というアイデアについて

宮藤官九郎 さん
「 刑事ドラマをやらない 」 と言ったのは、僕自身、実は刑事ドラマが好きなので自分にはトリックや謎解きを考えるのは向いていないだろうなと思っていたからだと思います。でも、『 うぬぼれ刑事 』 だったらできるかなと。事件に対してうぬぼれているわけではなくて、彼女 (犯人) はたぶんオレのことを好きだからオレの話をマジメに聞いてくれていると思っていたら、彼女 (犯人) は自分の証言の辻褄が合っているか気になって刑事を見つめているだけだったという。今、4話まで台本が出来ているのですが、一応、ちゃんと謎はあります。そこは自分も刑事ドラマ好きとしてちゃんとやっているつもりです。
“うぬぼれ” というのは、最近は 「 どうせオレなんて… 」 みたいにあきらめモードの人が多いじゃないですか。「 オレのこと好きかも!」 って、うぬぼれているぐらいの方が楽しいんじゃないかと思いまして。うぬぼれている人って見ていて面白いですよね。そういう人物を描きたいなと思ったことが、アイデアの生まれたきっかけです。

(photo)

うぬぼれ刑事会見終了。

以上で、< 質疑応答 > が終了。

残念ながら仕事の関係で、うぬぼれ心理学者役の坂東三津五郎さんが出席できませんでしたが、『 うぬぼれ刑事 』 の制作発表 はいかがでしたか??

和気藹々とした空気と、熱い思いが伝わってきたでしょうか?

みなさん、『 うぬぼれ刑事 』 は 7月9日 (金) よる10時から の放送です!
初回は15分拡大のため、23時09分までの放送となりますので、お間違えなく〜 !!!

page top ↑

バックナンバー