毎週金曜 よる10:00〜放送

トピックス

特別試写会が行われました

2016.10.12

昨日、ドラマの舞台にもなっている豊洲のららぽーとにおいて「砂の塔〜知りすぎた隣人」の特別試写会が行われました。

写真

会場にはたくさんのお客さんが

どんなお話なのか、菅野美穂さん演じる亜紀は、岩田剛典さん演じる生方は、どんなキャラクターなのか、松嶋菜々子さん演じる最凶の隣人・佐々木弓子とは…?内容についてはこちらでお話するわけにはいかないので、試写会にご参加されなかった皆さんは、14日の初回の放送をお待ちください!
試写会が終わりお客様が余韻に浸る中、菅野美穂さんはじめ、出演者の皆さんがドラマで象徴的に使われる黄色いカーネーションを手にステージに登場。
集まってくださった皆さんに役柄の紹介とご挨拶です。まずは何といっても4年ぶりのドラマ主演・菅野美穂さんに注目が集まります。

高野亜紀役:菅野美穂さん

写真

「高校生の男の子と幼稚園に通う女の子、二人の子供の母親を演じさせていただいています。私自身、現在子どもがいるので母性について考えるきっかけをいただきました。オリジナルサスペンスドラマで、真実の家族愛、それとママ友グループの恐ろしさがちょっとコミカルに描かれていますので、サスペンスだけでなく楽しみながら見て欲しいです」

生方航平役:岩田剛典さん
「主人公・亜紀さんの幼なじみで体操のコーチをしています。久しぶりの再会から亜紀さんへの恋心を思い出しながら、叶わぬ恋に身もだえさせていくのですが、物語は平行してサスペンスの様相を帯びていきます。人間には表と裏の顔があるというドラマで、全国の主婦の方に見ていただきたいです」

阿相寛子役:横山めぐみさん
「タワーマンション最上階に住むボスママをやらせていただいています。会場からも笑いがこぼれていますが、とんでもないボスママぶり、楽しんでいただけましたか?回を追うごとにパワーアップしていきますので、楽しみにしていてください!」

橋口梨乃役:堀内敬子さん
「横山さんの次に高い、45階に住む女性で、二人の子どもがいる役です。サスペンスと母の愛が織り交ざった面白いお話で、回を増すごとにすごい展開になっていくと思いますのでお楽しみに!」

尾野綾香役:ホラン千秋さん
「『砂の塔』バラエティ担当のホラン千秋です(笑)。素晴らしい皆さんに囲まれて、参加させてもらって嬉しいです!私の演じる綾香は2階に住んでいて、それをコンプレックスに思っているのに、ちょっと見返すようなことがあって…でも悪いことをするとしっぺ返しが来るんだと学ばせてもらいました。まだ独身で、結婚して幸せになろうと楽しみにしている身ですが、母になるとこんなに怖いことが待っているんだなって思うと、怖いです」

高野健一役:田中直樹さん
「バラエティ担当2の田中です。亜紀さんの旦那さん役で、家族を大切に思い、家族のために頑張っている男です。セレブの多いタワマンの中では普通の人で、一生懸命やろうとするのに空回りしてしまうというのはものすごく理解できるので、役作りなしで挑んでいます!」

佐々木弓子役:松嶋菜々子さん
「私の演じる弓子は謎の女です。タワーマンションに住む母親たちを一人ずつ罠にはめていくのですが、ある目的があって、少しずつ明かされていきますので、どういう展開になるか、一緒にわくわくしながら見てください」

写真

それぞれのキャラクターがあっています

ご挨拶が終わり、最初に台本を読んだ感想を皆さんに聞いてみると、それぞれの役目線で読まれていたようで、熱く語ってくださってます!

台本を読んだときの感想を聞かせてください。

菅野さん「すごく面白くて、どんどん引き込まれました!力がある脚本で、こちらもすべてのパワーを使って演じていきたいと思いました。寛子さんのセリフはインパクトがあって大好きで、楽しみです!ちゃんとやろうとしてるのに、ちょっとしたボタンの掛け違いから悪いほうへ行くことがありますけど、それが家族に影響してしまって、言いたくなくても言わなければいけないことが出てきます。どこにでもありそうで、実際には身の回りで起こって欲しくない、ということを描けるのがドラマの醍醐味だと感じました」

岩田さん「台本になる前の段階で読ませてもらったのですが、こんなに面白いストーリーがあるんだ!と一気に読みました。テーマも現代社会が抱える問題にフォーカスを当てていて、誘拐事件やボタンの掛け違いから、歯車が狂い『負』の連鎖は起きていく。それはどこにでもあり得ることなのでリアリティがあります。でも僕の出ているシーンはちょっと一息つける、箸休めのようなシーンなので、緊張感のある展開の中でほっとしてもらえたらと思います」

横山さん「このドラマに入る前、別の作品でものすごくいいお母さんの役をやっていたのでしばらく悩みました。でも今は、自分の人生の中で絶対に言わないような棘のあるセリフをたくさん言わせてもらっていて、貴重な体験をしているんだ!と思っています。どんなにヒドイことを言っても、これはお仕事ですから怒られないんです!楽しくて仕方ないです(笑)」

堀内さん「『お金持ちの役だ、嬉しい!』って思いました。それに比べて横山さんの役は『お金持ちでも意地悪だし大変そうでイヤだな』と思っていたのですが、近くで見ていて、横山さんのセリフが、段々快感になってきて、今はうらやましく思っています(笑)」

ホランさん「先の読めない、ドラマティックな展開です。綾香は周りをひがんで行動してしまいますが、ドラマの中なので誠心誠意演じさせていただきました!」

田中さん「お話をいただいて、すぐに読んで気持ちを鷲づかみにされました。オリジナルのドラマって難しいんですが、ステキな作品に出会えました。ミステリーの深さや面白さも感じていて、現場で皆さんに会うたび『●話読みました?●話の準備稿届きました?』と話題になるのですが、どうも僕のところに来るのは2日遅れのようだと気づき、話についていけないことがあります」

松嶋さん「冒頭のシーンでまず『私、何やってるの!?』とびっくりしました(笑)。何の説明も受けていなかったので…。でも意地悪な人はより意地悪に、癒されるところでは、より癒され、とメリハリがついていて、どうなるのか楽しみです」

菅野さんと松嶋さんは、何と16年ぶりの共演!その感想は…
菅野さん「また共演させていただけるんだ!事務所の方、そしてご本人の松嶋さん、ありがとうございます!!!(深々と頭を下げる菅野さん)」
松嶋さん「あの時はちょっとだけしか一緒にやれなかったんですよね。」
菅野さん「1シーンだけだったんです。あの時からたたずまいとか全然違うな、と思っていて…」
松嶋さん「ご一緒できて本当に嬉しいです。今回、役柄のこともあって現場ではあまりお話をしていないんです。でも、菅野さんがお食事会を主催してくださって、コミュニケーションはしっかりとっていますので、先々期待してください」
菅野さん「私も光栄です。もう、本当にこんなにすごいことないんです!もう嬉しくって何をいっているんだか、話がそれてきてもすみません!」

写真

そんな松嶋さんですが、演じる弓子さんはとてもミステリアス。どう取り組んでいらっしゃるのかというと…
松嶋さん「塚原監督のサスペンスは大好きで、「Nのために」や「夜行観覧車」も見させていただいていました。サスペンスはお芝居だけではなくカメラワークも大切だと思うので、一つ一つ丁寧に演じながら、どのように撮っていただくのかおまかせしています」

続いて岩田さん、田中さんへと質問が。
岩田さん、初のサスペンスということですが、演じてみていかがですか?
岩田さん「ドラマの登場人物として演じているんですけど、『これからどうなっていくんだろう?』と視聴者目線で楽しみに感じてしまうのは初めてです!」

田中さんはどんな気持ちで菅野さんの旦那さんを演じてるんですか?
田中さん「僕は菅野さんとは16、7年前にバラエティ番組でご一緒させていただいていて、明るくて楽しい一面を知っているつもりです。高野夫婦はシンプルで飾らない夫婦で、シリアスなサスペンスと、家族の温かいシーンのメリハリがついていると思います」

そして質問はさらに舞台となっている「タワーマンション」のことについてです。
タワーマンションに住む主婦を演じてみて、タワマンへのイメージは変わりましたか?
横山さん「こんなすごいところに住んだことがないので…でも綿密な取材の元、作られている脚本で、実際にあるということで怖いですね。でも撮影中の私たちの女子会トークは楽しいです!ね!」
堀内さん、ホランさん「はい!」

お二人、言わされてませんか!?ボスキャラの横山さんがそうおっしゃると、「否」とはいえないのでは…??

そして、菅野さんと岩田さんに、お互いの印象を伺うと…
菅野さん「グループ活動で本当に忙しい中、現場ではそんなことを微塵も感じさせないところとか、精神的に立派だなと思っています。落ち込んでいるときに励ましてくれるシーンが多いのですが、生方が笑うとモニターを見ているスタッフがみんな笑顔になるんです!そんなこと出来るの、パンダか岩田くんしかいませんよ!」
岩田さん「パンダと同列なんですか!?(笑)菅野さんもお母さんで忙しいのに、そういうところを一切出さず、心遣いがすごい方だな、と思っています。まだ暑いときの撮影で、アイスをいただいたんですが、それは食べるのではなく、熱中症予防のため、冷やすためだったんです。何て優しいんだ!と感動しました」
菅野さん「アイスひとつでこんなに喜んでくれるなんて、いい子だわー(笑)」


そんな笑顔あふれる会見の様子は、本日あさ5時30分〜『あさチャン!』あさ8時〜『白熱ライブ ビビット』ひる11時〜『ひるおび!』ごご3時50分〜『Nスタ』などで紹介される予定です。ただし番組の都合、報道で急遽変更・中止されることがありますのでご了承ください。

また、会見の行われたららぽーと豊洲3階連絡通路では、ドラマで使用されている衣装や大型ボード、オリジナルのサンドアートなどを展示していますので、ぜひお立ち寄りください!

写真

出演者の皆さんも先を楽しみにする「砂の塔〜知りすぎた隣人」、第1話の放送はいよいよ14日(金)よる10時、15分拡大SPです!!どうぞご期待ください!

写真

BackNumber

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ