2017年10月クール 日曜よる9時

日曜劇場『陸王』

番宣画像

公式SNS

※ 外部サイトへ移動します

追加情報

物語舞台となる
埼玉県行田市
田んぼアートの実施が決定!

田んぼアート完成予想図

『陸王』田んぼアート・完成予想図

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠で池井戸潤原作の最新作『陸王』をドラマ化し、主人公で、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長、宮沢紘一を、役所広司が演じることが決定している。
そしてこの度、原作で描かれる「こはぜ屋」が創業以来営業を続ける埼玉県行田市において、『陸王』のドラマ化を記念した田んぼアートを実施することが決定した。
行田市は平成20年度から田んぼアートに取り組んでおり、今年が記念すべき10周年目。およそ10,000平方メートル(1.0ha)の土地に、池井戸潤氏『陸王』の書影を模したデザインと、主演・役所広司氏の似顔絵が浮かび上がる予定だ。

田んぼアート田植え直後

『陸王』田んぼアート・田植え直後の様子

行田市は今年4月に「足袋蔵のまち行田」として日本遺産に認定されるなど足袋の生産で古くから知られており、この度、日曜劇場『陸王』とのコラボレーションが実現することとなった。

【『陸王』田んぼアート概要】
実施箇所:古代蓮の里南側の田んぼ
※埼玉県行田市「古代蓮会館展望室」高さ50mからご覧になれます。
面積:約10,000平方メートル(1.0ha)

みどころ

池井戸潤最新作
『陸王』
2017年10月期日曜劇場にて
早くも映像化!

主演は、役所広司に決定!

勝利を、信じろ――。
足袋作り百年の老舗が、会社の存続を賭けて
ランニングシューズの開発に挑む!!

photo1

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠で池井戸潤原作の最新作『陸王』をドラマ化することが決定した。
主人公で、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長、宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司。原作者の池井戸潤は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティング、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進める予定。更に原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、年明け1月1日にも、『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影を行う予定だ。

 
役所が演じる宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発だ。
しかし従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった。新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力―。更には世界的に有名なスポーツブランドとの競争。何度も挫けそうになる宮沢だが、その度に家族が、従業員が、取引先が、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。
果たしてランニングシューズの開発は成功するのか。そしてその先に、「こはぜ屋」の未来はあるのか!?たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る!!

TBSが満を持して送る、感動の企業再生ストーリー!!
2017年は1月1日から走り出すランナーとともに、「陸王」が全力疾走します!!

原作

photo2

池井戸潤 著「陸王」書影

コメント

【役所広司さん】
原作の中で “私は『陸王』というシューズを企画して、試行錯誤しながらここまで来た。その過程で色んなことを学ばせてもらったけど、中でも特に、教えられたのは人の結びつきだ”と言った宮沢社長は、決して経営者として才能ある人物ではないけれど、彼には、人を惹きつける不思議な魅力があります。
その魅力を試行錯誤しながら、見つけていこうと思います。
たくさんのユニークで魅力的な登場人物たちとドラマの中で会える日を楽しみにしています。

出演者

宮沢紘一 … 役所広司
ほか

スタッフ

製作著作:
TBS

原作:
池井戸潤「陸王」(集英社 刊)

脚本:
八津弘幸

プロデューサー:
伊與田英徳
飯田和孝

演出:
福澤克雄

ほか

ページトップへ