2017年10月期連続ドラマ

お知らせ

番宣情報

2017年10月23日 (月)

・10月28日(土)よる9時〜
『世界ふしぎ発見!』
「マチュピチュからナスカへ! インカ道 走って歩いて飛んでみた」南米ペルーでインカ道を辿る冒険の旅を紹介。
キムラ緑子さんが解答者として出演されます!
  • ※ 放送内容は番組の都合で急遽変更・中止されることがあります。
  • ※ 一部放送されない地域もございます。詳しくはお住まいの地域番組表をご確認ください。

“ 横浜マラソンEXPO2017 ”に馬場徹さん、吉谷彩子さん、石井貴就さんが特別ゲストで登場!

2017年10月24日(火)

10月29日(日)に開催される横浜を舞台にしたマラソン大会“横浜マラソン2017”。その大会に合わせて10月27日(金)、28日(土)、29日(日)の3日間「横浜赤レンガ倉庫イベント広場」で行われるイベント“横浜マラソンEXPO2017”に、日曜劇場『陸王』の出演者を代表して、馬場徹さん、吉谷彩子さん、石井貴就さんが特別ゲストとして登場されます。
世界で活躍するトップアスリートや芸能人、スポーツパフォーマー、アーティストなどが参加ランナーを直接応援するという初のマラソンEXPO。大会の主役となる28000人のランナーが“レッドカーペットを歩く!”という大規模なイベントに、馬場さんと吉谷さん、石井さんらが応援に駆けつけます。また、番組の走法指導、監督を務める原晋(青山学院陸上部監督)も参加。マラソンとドラマ撮影に関する秘話が聞けるかも!?
『陸王』関係者の登場は10月27日(金)11時30分〜12時を予定しています。入場は無料ですので、ぜひいらしてくださいね!


《 横浜マラソンEXPO2017概要 》

【 日時 】
平成29年10月27日(金)11:00〜20:00(『陸王』イベント予定は11:30〜)
         28日(土)11:00〜20:00
         29日(日) 9:00〜15:00
【 会場 】
横浜赤レンガ倉庫イベント広場
【 入場料 】
無料

埼玉県行田市の銘菓「十万石まんじゅう」×「陸王」のコラボ追加情報!

2017年10月19日(木)

ドラマの舞台となる埼玉県行田市の銘菓「十万石まんじゅう」と「陸王」がコラボレーションすることが決定して以来、ドラマの初回放送日より毎週日曜日のみ「十万石ふくさや」各店舗(埼玉県内)での店頭販売でしたが、おかげさまで大変ご好評をいただき、このたび下記3店舗では、平日も店頭販売することとなりました。
お近くへお越しの際には、是非お立ち寄りください!

《 平日に店頭販売している店舗 》

・行田本店
・水城公園店
・ベイシア行田持田店

※他店舗での店頭販売は日曜日のみとなります。
※日曜日以外は各店舗にてご予約を受け付けております。

劇中歌をLittle Glee Monsterが担当することが決定!

2017年10月16日(月)

Little Glee Monsterが本作の劇中歌を担当することが決定しました。第1話の放送中、宮沢社長の心情を表現する場面で流れたLittle Glee Monsterが歌う「Jupiter」。今年の春、Little Glee Monsterのライブに訪れた伊與田英徳プロデューサーがその歌声に感動し、今回の起用に繋がりました。1話の劇中歌として流れたのはリトグリが歌う「Jupiter」でしたが、今後はシーンによって流れる曲が違うとのことです。

Little Glee Monsterは人気、実力を兼ね備えた話題の5人の女性ヴォーカルグループ。先日発売した新曲「明日へ」はオリコンウィークリー2位を獲得。さらに11月8日には、スガシカオが提供した楽曲を含む10枚目のシングル「OVER/ヒカルカケラ」のリリースも決定している。
ライブも絶好調で、今年は武道館を即完させ、現在全国ツアーの真最中。来年は横浜アリーナをはじめとするアリーナが発表されたばかり。
今後もドラマ「陸王」の中でLittle Glee Monsterの力強く繊細な歌声がどんなシーンで流れるのか注目!

【 リトグリ・かれんさんコメント 】

今回、ドラマと共に私たちの歌声に大きな反響があったことはとてもうれしいです。キャストの皆さんもスタッフの皆さんも熱い想いでこのドラマに取り組んでいらっしゃるので、今回はそれに負けないようにレコーディングに臨みました。ハーモニーの細部にこだわり何度も何度も歌い直しました。この後も5人だからこその歌声、力強いハーモニーと繊細さに是非注目していただければと思います。この劇中歌を通して、夢に向かって走る全ての人を全力で応援したいです。

山﨑賢人演じる「こはぜ屋」社長の息子・宮沢大地の同級生・広樹役に
大河ドラマや映画で大活躍した緒形拳の孫であり緒形直人の息子である
緒形敦が決定!『陸王』がデビュー作品に!

2017年10月15日(日)

豪華出演者が集結してお送りする日曜劇場『陸王』ですが、このたび、山﨑賢人さん演じる宮沢大地の同級生・広樹役に、俳優・緒形拳さんの孫であり、緒形直人さんの息子である緒形敦さんの出演が発表されました。緒形敦さん今作がテレビ初出演、俳優デビューとなります。
祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにも『北の国から』シリーズ(CX)やTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。
そんな祖父や父をもつ緒方さんが演じる広樹は、宮沢大地の同級生で、大地と同様、就職活動に悩む日々を送っている青年。広樹は老舗足袋屋の息子であることに反発し就職活動を続けるものの上手く行かない大地を、自身も就職活動で苦労しているが気にかけている。大地が心を許せる友人の一人です。祖父や父の背中を見て育った緒形さんが、初めてのドラマ出演でどんな演技を見せるのか注目です。

【 緒形 敦さん コメント 】

この度は、『陸王』という大きな、素晴らしい作品に関わらせていただけたことを心からうれしく思います。今回初めてドラマに出演させて頂くのですが、僕がやるべきことは、何事にも本気で、全力で挑戦するのみと思っています。一つ一つのシーンに全てを懸けて、力を入れて取り組んでいるつもりです。両親、祖父と同じ道を進むことは覚悟がいることでしたが、このような環境の中で育ったことにとても感謝し、僕も全力で俳優として頑張りたいと思います。

BooBoCafeで「陸王」十万石まんじゅうとお茶セットを販売します!

2017年10月13日(金)

10月16日(月)から、TBS本社1階「BooBoCafe」にて、期間限定で【日曜劇場「陸王」十万石まんじゅう2つ+温かいお茶】のセットメニュー(600円税込)を販売いたします。TBSへお寄りの際には、ぜひご利用くださいね。

〜TBS本社1階「BooBoCafe」〜

・営業時間:10時〜18時30分(ラストオーダー18時)
・定休日:不定休(貸切などで急にお休みする場合がございます。お電話にてお問い合わせください)
・問合せ:03-5571-4021

劇中に登場する埼玉中央銀行のポスターモデルとして
TBS新人アナウンサーの山本里菜がドラマ初出演!
ドラマの撮影現場にも潜入し初リポート!
試写会では初司会を務めるなど活躍!

2017年10月13日(金)

いよいよ10月15日(日)よる9時からスタートする日曜劇場『陸王』。豪華出演者が集結してお送りする新ドラマに、このたび劇中に登場する「埼玉中央銀行」のポスターモデルとして、TBS新人アナウンサーの山本里菜がドラマ初出演することが発表されました。
1994年生まれの山本は、今年4月にTBSテレビへ入社。現在はTBSの朝の情報番組『あさチャン!』で月曜〜水曜のお天気コーナーを担当中。そんな山本アナが『陸王』劇中で役所広司さん演じる宮沢が追加融資の相談に向かった「埼玉中央銀行」のポスターモデルに初挑戦しています。

さらに、『陸王』の見どころを伝えるナビ番組では撮影現場に潜入し、役所さんをはじめとする俳優陣への突撃インタビューにも初挑戦。
また山本アナは、10月8日(日)に東京大手町の「丸ビルホール」にて行われた「陸王試写会」で、初田啓介TBSアナウンサーとともに司会を務めました。舞台上には役所さんほか、山﨑さん、竹内さん、宮沢の娘・茜を演じる上白石萌音さん、「埼玉中央銀行」に勤める銀行員・坂本太郎を演じる風間俊介さん、「こはぜ屋」のライバル会社「アトランティス」社員・佐山淳司役の小籔千豊さん、同じく「アトランティス」営業部長・小原賢治役のピエール瀧さんが登壇し、会場を沸かせました。大物俳優らと同じ舞台に立った山本アナは、新人らしい緊張した様子を見せつつも、出演者へ代表質問をするなど初の司会進行を堂々とやり遂げました。

【 山本里菜TBSアナウンサー コメント 】

試写会の司会、ナビ番組の突撃インタビューなど、初めての経験を沢山させていただきました。撮影現場に伺った時、出演者やスタッフの靴がきちんと揃えられていることに、このドラマに向き合う緊張感と細部に亘る配慮、そして熱い愛を感じました。何事にも常に真摯に向き合うことを大切にし、これからの仕事に活かしていきたいです。貴重な体験をありがとうございました。もうすでに『陸王』の大ファンです!

日曜劇場「陸王」追加グッズが登場!!

2017年10月13日(金)

番組オリジナルグッズに新アイテムが追加されました。
劇中着用の「ダイワ食品」のプラクティスシャツや、足袋の形をしたユニークなお煎餅など、魅力的なグッズが盛りだくさん!
ドラマと共に、ぜひチェックしてくださいね!!

詳しくは TBSishopへ

「中小企業庁」とのコラボレーションが実現!
こはぜ屋社長・宮沢紘一が全国の中小企業を応援!!

2017年10月13日(金)

このたび、「中小企業庁」とのコラボレーションが決定しました。
ドラマは、埼玉県行田市にある老舗足袋業者が、年々先細る業績から脱するため、“裸足感覚”のランニングシューズの開発に挑戦する物語。劇中で険しい道を走り続ける「こはぜ屋」とその仲間たちの姿が、日々トラブルや困難に直面する全国の中小企業をサポートする中小企業庁の取り組みにぴったりであると判断され、コラボレーションが実現することとなりました。
なお、コラボビジュアルは2種類制作され、10月13日(金)の日経新聞・毎日新聞・読売新聞の各朝刊に掲載されるほか、全国の商工会議所などにポスターが掲出される予定です。

数々のトッププロ選手のシューズを製作・提供してきた
「ミズノ株式会社」とのコラボレーションが実現!!

2017年10月7日(土)

豪華出演者が集結してお送りする日曜劇場『陸王』ですが、この度、一大スポーツメーカーの「ミズノ」とのコラボレーションが発表されました。
劇中で「こはぜ屋」が会社の存続を賭けて開発に挑むのが、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」。その「陸王」として劇中に登場する足袋型シューズの製作を担ったのが、ミズノテクニクス株式会社のクラフトマンでシューフィッターの亀井晶氏を中心とした「チーム・ミズノ」。ドラマ制作チームは、「物語のキーとなる足袋型シューズは、普段から本物の陸上用シューズを製造している会社にお願いしなければ、映像のリアリティを追求出来ない」と判断し、これまで数々のトッププロのためにシューズを製作してきた「チーム・ミズノ」に製作を依頼しました。
完成したシューズは、親指とそれ以外の指の間が分かれており、まさに「足袋型」でありながら、現在一般的なランニングシューズと同様の外観を併せ持つ、特徴的なシューズとなります。
このシューズを巡って、一体どのような人間ドラマが繰り広げられるのか? 放送開始まで1週間ほどとなる中、期待は高まる一方でしょう。 なお、今回のコラボ企画を記念して、ミズノとTBSはコラボポスターを制作。ポスターは10月7日(土)より、全国のミズノ店舗に掲出される予定です。

日曜劇場『陸王』公式本がリリースされます!

2017年10月6日(金)

名シーン&セリフ、オフショットも満載の公式BOOK。
ドラマ「陸王」がますますおもしろくなる!

感動の企業再生ストーリー、日曜劇場『陸王』の魅力をあますところなく伝える公式BOOKの発売が決定しました。
原作者の池井戸潤先生 × 役所広司さん対談を始め、山﨑賢人さん、竹内涼真さんら、主要キャストの撮り下ろしインタビュー、貴重なオフショットなど、ビジュアルも満載。
ドラマの熱気と感動がよみがえるストーリー解説、名シーン & セリフも多数収録で、読めば明日の元気がわいてくること間違いなし、陸王ファン必読の書!

■ 内容(予定)
  • ● スペシャル対談
    池井戸潤 × 役所広司
  • ● これが「陸王」の世界だ!
  • ● 登場人物インタビュー
    山﨑賢人
    竹内涼真
  • ● ストーリー解説・ここがスカッと!名場面撮ってだし!
  • ● ロケ地行田市 聖地巡礼
  • ● 「陸王」に見る対人関係
  • ● 制作者が語る「陸王」
    プロデューサーインタビュー 伊與田英徳
    演出家インタビュー 福澤克雄
    脚本家インタビュー 八津弘幸
  • ● 明日も元気に働く勇気をくれる! 最強の「陸王」的格言集

■ 詳細
〈タイトル〉 『「陸王」公式BOOK 明日も元気に働こう!』
〈版元〉 集英社
〈版形〉 A5判ソフトカバー オールカラー112P
〈価格〉 本体予価1400円(税別)
〈発売〉 2017年12月5日(火)予定

詳しくはこちら

山﨑製パン×陸王コラボ「ランチパック 肉王メンチカツ」を期間限定発売!!

2017年10月5日(木)

山﨑製パンとコラボレーションした「ランチパック 肉王メンチカツ」を10月10日(火)からドラマの放送期間限定で全国発売いたします!
ドラマのタイトル「陸王」にちなみ、“肉王”をキーワードとして商品化。ボリュームたっぷりのメンチカツとマヨネーズをサンドした「ランチパック 肉王メンチカツ」。肉をたっぷり使用すると共にジューシー感とボリューム感にこだわっており、従来品の「ランチパック メンチカツ」に比べて、肉の比率は2割アップ!
なお、商品パッケージには、劇中に登場する「ダイワ食品」陸上競技部と「アジア工業」陸上競技部のユニフォームを着用したランチパックのオリジナルキャラクター(ランチちゃん、パックくん)がデザインされています。
メンチカツはドラマに登場する「居酒屋そらまめ」の名物メニューでもありますので、ドラマと共に、是非チェックしてくださいね!!

竹内涼真・和田正人・佐野岳らランナー役を徹底指導!
番組陸上総監督として青山学院大陸上競技部・長距離ブロック監督
原 晋氏がドラマを全面バックアップ!!

2017年10月4日(水)

劇中に登場する実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真さん、同部員・平瀬孝夫役に和田正人さん、さらに茂木のライバルである「アジア工業」陸上競技部の部員・毛塚直之役に佐野岳さんと豪華出演者が続々と決定している日曜劇場『陸王』ですが、ランナー役の出演者への走法指導・監修として、青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督の原晋(すすむ)氏が参加されていることが発表になりました!
元陸上競技・マラソン選手であり、現在は青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督を務め、第91回箱根駅伝(2015年)でチームを初の総合優勝に導き、その後2016年、2017年と3連覇を成し遂げ、さらに2017年は「大学駅伝3冠(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)」を達成させた原氏。原氏の指導が、ランナー役の面々の演技にどのように発揮されるのか注目です。
原氏は、5月に行われた陸上競技部員役のオーディションにも参加し、一人ひとりの走法を入念にチェック。選抜されたキャストは、約半年間、青山学院陸上競技部の部員と共に練習を行いました。青学オリジナルのトレーニングである“青トレ”も伝授され、長距離ランナーを演じる出演者の身体を一から作り上げました。本格的なトレーニングを受けてから撮影されたマラソン大会のシーンは、見どころ満載の迫力あるシーンになっています。
また、卓球の福原愛選手をはじめとした日本のトップアスリートの個人指導を行うフィジカルトレーナー、 「スポーツモチベーション」の中野ジェームズ修一氏も、ランナー演じる出演者のトレーニングに協力。中野トレーナーは青学駅伝チームのコアトレーニングやストレッチの指導にも携わっています。
原監督と中野トレーナーのまさに「チーム青学」が『陸王』をバックアップ!
竹内さんや和田さん、佐野さんらランナー役の面々は、中野氏ら専門的な知識を持つトレーナーの指導のもと、今年5月からおよそ半年間、ストレッチや体幹トレーニングに励みました。長きにわたる役作りへのトレーニングの成果が走るシーンにどう現れるのか? ぜひ楽しみにしてください!!

【 青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督・原晋コメント 】
われわれがやっている「青トレ」を竹内涼真さん、和田正人さん、佐野岳さんらが体感したときにどう走りに変化が出るのか見てみたいという思いと、陸上界を盛り上げたいなという2つの思いがありまして、今回、陸上総監督を引き受けさせていただきました。
竹内さんは、学生時代はサッカーをしていたので上半身などに余分な筋肉がついていたのですが、青トレ実施から3カ月ほどで、しっかり陸上の体になってきて、さすがだなぁと思いました。
腕もしっかりと振れるようになったので、陸上選手に近づきましたね。これまでの私の経験上、長距離走の陸上ドラマは素人っぽく映るところがあるのですが、今回のこの『陸王』はホンマもんですね。もうまさしくリアル!
ぜひ、ランナーの走りに期待していてください。

日曜劇場「陸王」オリジナルグッズが登場!!

2017年10月3日(火)

劇中使用のこはぜ屋半纏(武州正藍染)を始め、ドラマの舞台である埼玉県行田市のグッズメーカーとも多数、商品化が実現しました!
今後もオリジナルグッズが続々と登場しますので、ドラマと共にぜひチェックしてくださいね!!

詳しくは TBSishopへ

役所広司演じる「こはぜ屋」社長の娘・宮沢茜役には、
映画「君の名は。」でヒロイン・宮水三葉の声を担当した上白石萌音が決定!
ダイワ食品陸上競技部部員・平瀬孝夫役には箱根駅伝2度出場、元実業団ランナーの和田正人
ほかにも7名のランナー役のメンバーが決定!
そして! 竹内涼真演じる茂木裕人のライバル・毛塚直之役が
『最強スポーツ男子頂上決戦』総合優勝3回の佐野岳に決定!

2017年9月26日(火)

続々と豪華な出演者が発表されている日曜劇場『陸王』ですが、このたび、役所広司さん演じる宮沢の娘・茜役に、映画や舞台、そして声優と幅広く活躍する上白石萌音さんが決定いたしました。
1998年生まれの上白石さんは、第7回「東宝シンデレラ」オーディション(2011年)で審査員特別賞を受賞し、同年に放送されたNHK大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』の最終回でドラマデビュー。翌2012年公開の長編アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」では声優として主人公の娘の親友役を務めました。2014年には、映画「舞妓はレディ」で約800名におよぶオーディションを勝ち抜き主演に抜擢。翌年にはミュージカル「赤毛のアン」で主人公のアンを演じました。昨年は映画「溺れるナイフ」や「ちはやふる-上の句/下の句-」など話題作に出演。中でも8月に公開されたアニメ映画「君の名は。」ではヒロイン・宮水三葉の声を担当し、映画の大ヒットとともに上白石さん自身も大きく注目されました。さらに今年の7月には歌手として初のオリジナルアルバム「and…」をリリースし、11月にはワンマンツアーを控えるなど、活躍の場を広げています。
そんな上白石さんが今作で演じる茜は、役所広司さん演じる「こはぜ屋」四代目社長・宮沢の娘で、山賢人さん演じる大地の妹。大地を小馬鹿にするところもあるが、とても家族思いな女子高生という役どころ。流行に敏感だが父の作る足袋が大好きで、父と兄の潤滑油のような存在でもあります。「君の名は。」同様、女子高生役を演じる上白石さんに注目が集まること間違いなしです。

さらに、竹内涼真さん演じる物語のキーマン、茂木裕人が所属する実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・平瀬孝夫役には和田正人さんが決定いたしました。和田さんは大学4年生の時、日本大学陸上競技部の主将を務め、箱根駅伝にも2度の出場経験を誇る方。卒業後は実業団選手を経て芸能界入りし、俳優としてTBSでは2010年にドラマ『新参者』に出演。2013年にはNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』に大抜擢されます。そして、2014年には『陸王』と同じスタッフで製作された『ルーズヴェルト・ゲーム』でレギュラー出演を果たしました。今年に入るとNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』や『黒革の手帖』(EX)などドラマで見ない日はないと言っていいほどの活躍ぶりを見せています。そのほか、今夏に公開された映画「関ケ原」では、今作の主演・役所広司とも共演。
そんな和田さんが演じる平瀬は、チームへの気遣いができるマラソンへ熱い思いを持つ選手。箱根駅伝ランナー、そしてニューイヤー駅伝を目指したアスリートとして活躍した和田さんの走りにも注目です。

また、茂木や平瀬とともに切磋琢磨する「ダイワ食品」陸上競技部員役も続々と決定。マラソン大会で熱い走りを見せる立原隼人役には、お笑いコンビ「げんき〜ず」の宇野けんたろうさん。芸能界きっての本格ランナーとして知られ、これまで数々のマラソン大会に出場し成績を残しています。そんな宇野さんの迫力ある走りにも期待してください。そのほか、加瀬尚之役には前原滉さん、内藤久雄役には花沢将人さんをはじめ、佐藤俊彦さん、石井貴就さん、安藤勇雅さん、山本涼介さんがランナー役として出演します。

一方、茂木のライバルである「アジア工業」陸上競技部の部員・毛塚直之役には、佐野岳さんが決定いたしました。佐野さんは2011年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。2013年に『仮面ライダー鎧武/ガイム』(EX)にてテレビドラマ初主演を務め、TBSでは2015年10月期放送の日曜劇場『下町ロケット』に出演。昨年7月期の日曜劇場『仰げば尊し』では、飯山晴之役の寺尾聰さんと共演もされています。
佐野さんは“スポーツ男子”としても知られ、TBS『最強スポーツ 男子頂上決戦』で総合優勝3回の実績を残し、『オールスター感謝祭』の名物コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」での優勝経験もあります。
そんな佐野さん演じるエリートランナー・毛塚とライバルである茂木の白熱した戦いは、このドラマの見どころの一つです。

「こはぜ屋」の縫製課で最年少の仲下美咲役にCMやドラマで活躍中の女優・吉谷彩子が決定!
縫製課のナンバー2の水原米子役に 11年ぶりのTBSドラマ出演となる春やすこ!
縫製課の橋井美子役には“再現ドラマの女王”上村依子が決定!
縫製課で最高齢、足袋のデザインも担当する西井冨久子役に正司照枝が決定!

2017年9月23日(土)

豪華俳優陣の出演が続々と決定している日曜劇場『陸王』ですが、 このたび「こはぜ屋」の縫製課で最年少の仲下美咲役に、子役から活動する吉谷彩子さんが決定いたしました。1991年生まれの吉谷さんは1996年放送のドラマスペシャル『最後の家族旅行』(TBS)でデビュー。その後経験を積み、現在はCMやドラマで大活躍中の女優です。
そんな吉谷さんが演じる美咲は、ベテラン揃いの縫製課の中で最年少。高校を卒業してすぐに「こはぜ屋」に入社。右も左もわからなかったが、縫製課の先輩からミシンの使い方や社会人としての心得まで教わり、美咲にとって「こはぜ屋」は第二の家族のような存在です。特別に器用というわけではないが、真面目に黙々と仕事をこなしている美咲のことは誰もが認めている。また非常に気遣いができ、周りからも好かれているという役どころです。
TBSドラマでデビューした吉谷さんが、デビューから21年経ってどんな演技を見せるのか期待が高まります。

美咲と同じく「こはぜ屋」の縫製課に勤める水原米子を演じるのは春やすこさん。1980年代、「春やすこ・けいこ」として“漫才界のピンク・レディー”とまで呼ばれるほど一世を風靡する中、TBSで1983年から放送された『スチュワーデス物語』や『水戸黄門 第36部』などにも出演し活躍されました。
今回11年ぶりのTBSドラマ出演となる春さんが演じる米子は、阿川佐和子さん演じる縫製課のリーダー・正岡あけみに次ぐ縫製課のナンバー2。縫製技術に長けていて、ランニングシューズ「陸王」の完成に向けて熱心に取り組みます。
1988年にはホノルルマラソンに出場し見事完走した経験もある春さんが、ランナーを支えるシューズを作る縫い子の役で、どのように熱い思いを表現するのか楽しみにしてください。

また、「こはぜ屋」縫製課の明るくパワフルな女性、橋井美子役は上村依子さん。“おばちゃん役”に定評がある上村さんは、これまで『渡る世間は鬼ばかり』や『温泉へ行こう』(いずれもTBS)など数々の作品に出演。今年6月にはトークバラエティ番組『マツコの知らない世界』(毎週火曜よる9時57分)の「再現女優の世界」に出演し、“再現ドラマの女王”として話題を呼びました。
幅広く活躍中の上村さんが、パワフルな橋井をどう演じるのか注目です。

そして、「こはぜ屋」縫製課の最年長・西井冨久子を演じるのは、『陸王』出演者の中で最年長となる82歳の正司照枝さん。3歳のころから姉とコンビを組み天才少女漫才と呼ばれ、1956年には三味線とギターを使ったネタで一世を風靡した漫才グループ「かしまし娘」の一員だった正司さん。1981年には松竹新喜劇に参加し、1999年からシリーズで放送された『ホステス探偵危機一髪』(TBS)に出演するなど幅広く活躍しています。
正司さんが演じる冨久子は、足袋のデザインも担当するベテラン。長年の演技経験を生かして、どのようにベテラン縫製員の冨久子を演じるのか注目が集まります。

「こはぜ屋」の縫製課リーダー・正岡あけみ役に連続ドラマ初レギュラー出演となる阿川佐和子が決定!
「アトランティス」の営業部長・小原賢治役に15年ぶりのTBSドラマ出演となるピエール瀧
小原の部下・佐山淳司役にTBSドラマ初出演のお笑い芸人・小籔千豊
シューフィッター・村野尊彦役には襲名後、テレビ初出演の市川右團次
さらに内村遥、天野義久の出演も決定!
そして、役所広司演じる「こはぜ屋」社長・宮沢紘一の妻・美枝子役は26年ぶりのTBS連続ドラマ出演となる檀ふみに決定!

2017年9月17日(日)

10月期日曜劇場『陸王』の豪華俳優陣の出演が続々と発表されていますが、このたび「こはぜ屋」の縫製課リーダー・正岡あけみ役に阿川佐和子さんの出演が発表されました。阿川さんは、連続テレビドラマ初のレギュラー出演となります。
阿川さん演じる正岡あけみは、平均年齢60歳のこはぜ屋の縫製課を束ねる元気なおばちゃん。感情表現が豊かな「こはぜ屋」のムードメーカーで、長年培ってきた縫製技術はピカイチ。新規事業「陸王」のメンバーとして参加します。
阿川さんは、TBSでは1989年から『筑紫哲也 NEWS23』のキャスターを約2年間務め、現在は毎週土曜あさ7時30分から放送中のトーク番組『サワコの朝』に出演しています。文筆業や司会のみならずインタビュアーとしても活躍中の阿川さんが、陽気な正岡あけみをどう演じるのか期待が集まります。

さらに、「こはぜ屋」のライバルとなる大手スポーツメーカー「アトランティス」の営業部長・小原賢治役にはピエール瀧さんが決定しました。TBSドラマには2002年放送の『木更津キャッツアイ』以来、15年ぶりの登場となります。瀧さん演じる小原は、一流大学を卒業後、アメリカの有名大学で経営修士号を取得している「アトランティス日本支社」の営業部長。利益至上主義で、目上に敬意を払うということは一切なく、部下に汚れ役を押し付けるなど、悪代官の代表のような男です。
これまで映画やドラマで演じた悪役も好評な瀧さんが、悪役といえる小原をどう演じるのか注目です。

小原の部下・佐山淳司役を演じるのは、TBSドラマ初出演となるお笑い芸人の小籔千豊さん。小原に従順な佐山は言いたいことがあっても気圧されてしまう。小原にゴマすりをすることで生き残っていく佐山を、数々のバラエティ番組に出演し、吉本新喜劇の座長も務める小籔さんがどう表現するのか? ぜひお楽しみに。

そして“カリスマシューフィッター”と呼ばれるシューズ調整のプロ、村野尊彦役を演じるのは、襲名後初のテレビ出演で、連続テレビドラマ初挑戦となる歌舞伎俳優・市川右團次さんです。村野は「アトランティス」の営業部に所属し、シューフィッターとして熱心に選手のサポートをしている。高い技術力に加え、選手のことを一番に考え、選手一人ひとりの状態を把握しているため、選手からの信頼も厚い人物です。

そのほか、「こはぜ屋」の係長・安田利充を演じるのは、映画や舞台で活躍中の内村遥さん。安田は明るく面倒見が良く若手社員のまとめ役であり、宮沢社長の良き相談相手です。
そして、「こはぜ屋」に出入りしている「椋鳩通運」の社員・江幡晃平役を演じるのは、元ラグビー日本代表で現在は俳優として活動している天野義久さん。江幡は高校時代に名を馳せた長距離走者で、「陸王」の試作品を実際に履いて走りアドバイスするなど、商品開発までに無くてはならない人物。ラグビー選手だった天野さん演じる江幡の走りにも注目してください。

そして、役所広司さん演じる宮沢の妻・美枝子役には、檀ふみさんが決定いたしました。檀さんは20年ぶりの民放連続ドラマ出演となり、TBSドラマには1991年放送の連続ドラマ『次男次女ひとりっ子物語』以来、26年ぶりの出演となります。
そんな檀さんが演じる美枝子は、夫の仕事の心配をしつつも応援する良き妻であり、息子の大地が就職活動でうまくいかないときには、温かく包み込む良き母という役どころ。
昨年、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でナレーションを務め、万葉集を朗読するなど、映画やドラマだけでなく多方面で活躍する檀さんが、良き妻、良き母である美枝子をどのように演じるのか? 期待が高まります。

【 WEB限定動画 】
竹内涼真は意外と〇〇好き!?『陸王』田んぼアートに初挑戦!!

2017年9月11日(月)

田んぼアートに初挑戦した竹内涼真さんのWEB限定動画が公開されました。
竹内さんの意外な一面も見られるかも?
ぜひチェックしてみたください!

老舗足袋屋「こはぜ屋」を応援する若手銀行員・坂本太郎役に風間俊介が決定!
そして! 坂本の上司・大橋浩役には馬場徹!
支店長・家長亨役には落語家の桂雀々がそれぞれ決定!

2017年9月11日(月)

この度、老舗足袋屋「こはぜ屋」の将来を考え新規事業を始めるべきだと宮沢に提案する重要人物、「埼玉中央銀行行田市店」融資課の銀行員・坂本太郎役に、風間俊介さんが決定いたしました。
風間さん演じる坂本太郎は、企業の大小関係なく、人とのつながりを大切に考える銀行員という役どころ。「陸王」の開発過程を応援する中で支店長と衝突し、前橋支店へ異動するが、「こはぜ屋」の新規事業がピンチだと知ると、知り合いを紹介するなどして応援し続けます。
まだ若いが遠慮せず物言いをする芯の強さと、改善点を的確に指摘する知性、そして何よりも熱い情熱を持った人物です。銀行員役を演じるのは初めての風間さんですが、その熱い思いをどう演じるのか注目が集まるところ。
また、今作の演出を担当する福澤克雄は、1999〜2000年に放送した『3年B組金八先生』第5シリーズ(TBS)で、演技を始めて間もない頃の風間さんを演出。その後風間さんが2001〜2002年放送の『金八先生』第6シリーズに出演した際も福澤が演出を担当した。そんな2人が今回約16年ぶりのタッグを組みます。風間さんは
「(福澤さんのことを)本当に自分のお芝居の師匠だと思っているので、原点にかえりつつ、一緒に仕事をしていない間にこれだけのことをやっていたんだということを見ていただければと思っています」
と意気込みを見せています。

そして、坂本と同じ「埼玉中央銀行行田市店」融資課長の大橋浩役には、日曜劇場3度目の出演となる馬場徹さんが決定いたしました。馬場さん演じる大橋は、坂本が推進する「こはぜ屋」の新規事業に対して懐疑的な見方をする人物。しかし、それでも「陸王」の開発を諦めないひたむきな宮沢たちの姿勢に、徐々に共感していきます。坂本や宮沢と対立するシーンで、馬場さんがどのような迫力ある演技を見せるのか注目が集まります。

また、「埼玉中央銀行行田市店」の支店長・家長亨役には、民放連続ドラマ初レギュラーとなる落語家の桂雀々さんが決定いたしました。桂さんが演じる家長は、銀行の看板を鼻先にぶら下げたような男で、中小零細企業に対する扱いを軽視し、「こはぜ屋」の新規事業を応援する坂本とはソリが合わず、面白く思っていないという人物。果たして、落語家の桂さんが卑怯な手を使う家長をどのように演じるのか!? ぜひ注目してください。

物語のキーとなる陸上競技部員・茂木裕人役に竹内涼真が決定!
そして!「陸王」を世界一にするべく挑む「飯山産業」の元社長・飯山晴之役に寺尾聰!
さらに音尾琢真、志賀廣太郎、光石研、キムラ緑子などの豪華俳優陣も出演決定!!

2017年9月7日(木)

10月期の日曜劇場『陸王』の出演者情報が追加発表され、物語のキーとなる陸上競技部員・茂木裕人を、若手俳優として大躍進中の竹内涼真さんが演じることが決定いたしました。
竹内さんが演じる茂木裕人は、学生時代に箱根駅伝5区を走った有力選手で、実業団「ダイワ食品」期待の新人だったが、国際マラソンで膝を痛めてしまう。そして、その原因が走法によるものと判明し、フォーム改良に取り組む中で、こはぜ屋のランニングシューズ「陸王」に出会うという、「陸王」開発の最重要人物の一人です。
竹内さんは、半年前に行なわれたオーディションにて激戦を勝ち抜き、茂木役を射止め、その後、多忙な合間を縫ってトレーニングを重ね、文字通り過酷な撮影に挑みます。自身はサッカー経験者ではあるものの、長距離ランナーは未経験の竹内さんが、どのような演技をするのかにも注目が集まります。

また、竹内さんのほかにも物語を彩る多彩な豪華出演陣が決定いたしました。茂木が所属する「ダイワ食品」陸上競技部の監督で、厳しくも温かく部員たちを見守る城戸明宏役にTEAM NACSの音尾琢真さん。「こはぜ屋」の経理担当で勤続40年以上のベテラン、宮沢の父である三代目の頃から番頭を務める富島玄三役に志賀廣太郎さん。「こはぜ屋」が新規事業であるランニングシューズの開発に乗り出す際に、その豊富な知識で宮沢に対し数々の助言を与えるスポーツショップの経営者・有村融役に光石研さん。そして、後に紹介される、倒産した「飯山産業」の元社長・飯山晴之をどんな時にも献身的に支える妻・飯山素子役にキムラ緑子さん。さまざまなドラマや映画で活躍する豪華出演者たちがドラマを盛り上げます!

さらに、「陸王」の完成に欠かせない素材「シルクレイ」を作る「飯山産業」の元社長・飯山晴之を演じるのは、ベテラン俳優の寺尾聰さん。「こはぜ屋」が大手スポーツメーカーの「アトランティス」と真正面から戦うのに重要な役割を果たすことになります。

なお、現在「こはぜ屋」が創業以来営業を続ける埼玉県行田市において、「陸王」のドラマ化を記念した「田んぼアート」が実現しています。秋にかけて徐々に黄金色に染まっていく予定ですが、この「田んぼアート」の田植えには、茂木裕人役の竹内涼真さんも参加し、スタッフと共に汗を流しました。

「陸王」田んぼアート・田植えの様子(陸上競技部員の茂木裕人選手を演じる竹内涼真さん)

役所広司が演じる 老舗足袋業者「こはぜ屋」社長の長男役に日曜劇場初出演の山﨑賢人が決定!
さらに!物語の舞台となる埼玉県行田市で田んぼアートが完成!

2017年8月9日(水)

主人公で創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司さんが演じることが決定していますが、このたび、その長男・宮沢大地を、若手俳優として大躍進中の山﨑賢人さんが演じることが決定いたしました。
山﨑さんが演じる宮沢大地は、大学卒業後就職活動をするものの失敗し、就職活動の傍ら「こはぜ屋」の手伝いをしているという青年で、経営を立て直す打開策として、マラソン足袋「陸王」の開発をスタートさせた父や、プライドを持って仕事をする従業員の姿を目の当たりにして成長していきます。
大地は「陸王」のソール部分に使われる特許「シルクレイ」の生産を任されますが、無事に生産するまでにはいくつもの困難が立ちはだかります。その困難をどう乗り越えていくのか!? 一見、飽きっぽく無責任ですが、自分の道と決めたことには熱中できる大地を、山﨑さんがどのように演じるのか注目が集まります。

またこのたび、物語の舞台である「こはぜ屋」が創業以来営業を続けるという設定の町・埼玉県行田市で、「陸王」のドラマ化を記念した「田んぼアート」が実現しました。
展望台に上って、高さ50メートルから俯瞰して眺めることができ、山﨑さんも行田市を訪れました。8月上旬現在、見ごろを迎えており、秋にかけて徐々に黄金色に変化していきます。

「陸王」田んぼアート(8月3日の様子)

また山﨑さんは、同市の足袋製造会社「きねや足袋」や「足袋とくらしの博物館」、関東七名城の一つ・忍城(おしじょう)にも足を運びました。
足袋の歴史やその製造工程、ロケ地にもなる行田市の街並みを肌で感じ、演技への意欲をより一層高めたようです。

足袋づくりの工程を見学する山﨑賢人さん(中央)

物語の舞台となる埼玉県行田市で田んぼアートの実施が決定!

2017年7月13日(木)

『陸王』田んぼアート・完成予想図

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠で池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化し、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長の主人公・宮沢紘一を、役所広司さんが演じることが決定しています。
そしてこの度、原作で描かれる「こはぜ屋」が創業以来営業を続ける埼玉県行田市において、『陸王』のドラマ化を記念した「田んぼアート」を実施することが決定しました。
行田市は平成20年度から「田んぼアート」に取り組んでおり、今年が記念すべき10周年目。およそ10,000平方メートル(1.0ha)の土地に、池井戸氏『陸王』の書影を模したデザインと、主演・役所広司さんの似顔絵が浮かび上がる予定です。

『陸王』田んぼアート・田植え直後の様子

行田市は今年4月に「足袋蔵のまち行田」として日本遺産に認定されるなど、足袋の生産で古くから知られており、この度、日曜劇場『陸王』とのコラボレーションが実現することとなりました。

【『陸王』田んぼアート概要 】
実施箇所:古代蓮の里南側の田んぼ
※埼玉県行田市「古代蓮会館展望室」高さ50mからご覧になれます。
面積:約10,000平方メートル(1.0ha)

公式サイト オープンしました!

2017年9月7日(木)

2017年10月期の日曜劇場『陸王』の番組サイトがオープンしました!

このページの先頭へ