banner_AD

あらすじ

メインイメージ

第2回2013年7月25日(木)

公演を終えた恭之助(玉森裕太)は劇場からの帰り道であやめ(川島海荷)と遭遇するが、一弥(中山優馬)と待ち合わせしていることを知ってショックを受ける。だが、一弥は咲五郎(榎木孝明)からご贔屓との食事会に誘われてしまい、待ち続けたあやめは雨にうたれてしまう。翌日、あやめが一弥に約束をすっぽかされたことを知った恭之助は励まそうと話しかけるが、風邪をひいていたあやめが倒れてしまう。そこで、あやめのためにと看病をして、バイトを代わり、次回公演「棒しばり」の稽古にも励むようになるが、あやめと一弥が会っているところを目撃してしまう。 一弥はあやめに約束を守れなかったことを謝ろうと、あやめの親友・千晶(草刈麻有)に家を教えてもらったのだった。

一弥とあやめは幼い頃からの思いを再確認し、これからは連絡を取り合おうと約束をする。しかし、家に帰るった一弥に優奈(吉倉あおい)は、「あなたのためなら何だってするからずっと傍にいて」と懇願される。主役として舞台に立ちたいという想いが強い一弥は…。

イメージ

一方、一弥とあやめの再会を目撃して落ち込む恭之助は、帰宅が遅くなったことで世左衛門(岸谷五朗)から「跡継ぎとしての自覚を持ちなさい。でなければ、私にも考えがある。」と忠告をうけ、身体も心も疲れて稽古が上手くいかなくなり…。

PAGETOP