毎週火曜 よる7時から

特別企画

5月17日の放送

写真

食卓が楽しくなる!と大注目!!ニッポンの食器スペシャル

今、日本では、おしゃれで使いやすい食器が次々と誕生しており、そんな食器に外国人も注目している。 実は、全国各地の伝統技術を受け継ぐ若き作家たちが、普段使いを意識したおしゃれな食器を生み出していた。

  • 写真

    色の魔術師が作る鮮やかな色合い「食卓を華やかに彩る食器」
    →高島洸春/京焼伝統工芸士

    京焼の伝統技法「いっちん」を普段使いできる食器に取り入れた。
  • 写真

    常識を覆した青い食器
    →鈴木麻起子/陶芸家

    信楽焼を学び、トルコ釉の美しさに魅了され、「食事」に合わないとされる青を取り入れるため、焼き目などを入れ食事に合う色合いを追及。使い勝手を考え、軽く重ねやすいのが特徴。
  • 写真

    和食にも洋食にもマッチ!どこか懐かしい温もり溢れる食器
    →額賀章夫/笠間焼陶芸家

    江戸時代から日用品としての焼き物「笠間焼」に施した、古来より伝わる縞模様「しのぎ」が特徴。
  • 写真

    眺めているだけで涼を感じるガラス食器
    →サブロウ/ガラス工芸作家

    ガラスの街といわれる富山に、日本で唯一のガラス工芸専門の学校で技術を習得。
  • 写真

    江戸切子の進化系 究極の癒し系グラス
    →可夜/ガラス工芸作家

    サンドブラストという手法で、江戸時代から愛される江戸切子などに飼い猫をモチーフにした猫の姿を施した。
  • 写真

    入荷半年待ち!料理が盛られて初めて完成する器
    →徳永遊心/陶工(九谷青窯)

    観賞用として発展した九谷焼を「作品」ではなく「道具」となるようにデザインしている。また、「九谷五彩」を使用することで、何を盛り付けても美しく見せるために必要な5色を実現。
  • 写真

    まるでパッチワーク!? 世界にたった一つだけの食器
    →西山千代子/陶芸家

    砥部焼に使用される土は粘り気が強く、一度型取りしたものを切り離し、再びはりあわせて制作。その時々に思いついた絵柄を手彫りし描くため、同じものが二つとないのが特徴。

Twitter

番組リポーター紹介

ときどきつぶやきます!
  • 写真
    ソフィ
    (出身:オーストラリア)
    日本の良さをみんなに楽しくレポートしていきたいです。
  • 写真
    クララ
    (出身:フランス)
    大好きな所さんの『ニッポンの出番』是非見てくださいね♡
  • 写真
    アイリーン
    (出身:アメリカ)
    みんなの知らない日本も元気にお届けいたします!
  • 写真
    サラフィナ
    (出身:アメリカ)
    笑って、ためになって、ビックリするような、皆さんが楽しめるレポートで頑張ります
  • 写真
    ミッレ
    (出身:ロシア)
    新しい場所を再発見、勉強になる、行けばわかる職人のすごさをお伝えしたいです。

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ