今週のパスタ

このコーナーでは、ドラマの最後で綾が手順を教えてくれている「今週のパスタ」の詳しいレシピを紹介します。 旬の食材を使った、目にもおいしいレシピばかり!!みなさまも是非一度お試しあれ!!

第4回 自家製ボロネーゼソースのタリアテッレ2人分

写真

材料

自家製ボロネーゼソース★ 240グラム
トマトソース 大さじ2
牛乳 大さじ2〜5
自然塩 適量
バター 小さじ1
ローズマリー 1枝
セージ 2枚
シナモンパウダー 少々
粗挽き黒胡椒(挽きたて) 少々
イタリアンパセリ(粗みじん) 少々
パルミジャーノレジャーノチーズ 少々
タリアテッレ 160グラム

★自家製ボロネーゼソースの作り方
市販のミートソースで代用出来ますが、市販のものに少し手を加えて簡単に自家製風にする事も可能です。

1)フライパンにバター小さじ1を入れ塩少々と黒胡椒も加えてひき肉を炒めます。(2人前で100グラムくらい)
2)火が通ったら赤ワイン大さじ2を加えてアルコールを飛ばします。
3)そこに市販のミートソースを2人前と完熟したトマト(小さめのもの)をおろし金ですりおろし(又はざく切り)ドライハーブひとつまみ(あればタイムがおすすめですが無くても他のものでもかまいません。)をフライパンに加えて弱火で汁気がなくなるまでコトコト煮込み(約10分ほど)汁気が無くなったら出来上がり!このソースを「自家製ボロネーゼソース」としてお使いください!

作り方

1

フライパンにバター、ローズマリー、セージ、を入れ弱火で加熱し、ハーブの香りをバターに移す。

(イメージ)

2

ボロネーゼソース、トマトソース、牛乳、シナモンパウダーを加えたら、ソースが温まるまで弱火で加熱する。

(イメージ)

3

麺が茹で上がったら、(2)のフライパンのソースと和えて、塩味を整えたらソースが上に来るように盛り付ける。

(イメージ)

4

パルミジャーノレッジャーノチーズ、黒胡椒、イタリアンパセリを散らしたら出来上がり。

(イメージ)

※ソースの煮詰め具合や塩分によって、お好みで牛乳の量は調整して下さい。
※牛乳の変わりに茹で汁やトマトソースの分量を増やして作るとさっぱりとした仕上がりになります。
※ハーブの香りを強く出したい場合は極弱火でゆっくりと加熱し、ハーブが少しはぜるくらいまで火にかけると良いです。

ポイント

ハーブとスパイスが隠し味の自家製ミートソースのパスタです。
バターとハーブを一緒に弱火で加熱する事で、ハーブの香りをバターに移します。また、少し牛乳を加えてソースを温める事でソースがまろやかな味わいに。

イメージ
上樂由美子 (じょうらくゆみこ)

プロフィール
神奈川県在住の37才。フードコーディネーター。

広告、雑誌、書籍、CM,ドラマなどで
レシピ提案、スタイリング、企業のメニュー開発等を手掛ける。

逗子にある映画館カフェ『CINEMA AMIGO』のフードクリエイターチーム
『AMIGO KITCHEN』のメンバーとしても活動中。
映画のテーマに合わせた食事なども作る傍ら、店舗のメニュー開発、ケータリングなどにも携わる。

シンプルな調理法で旬の素材を生かした家庭料理を得意とする。得意な料理は幅が広く、和洋中だけでなくロシアやエスニックやアラブ料理などもつくり、 日本では少し新しい食材の組み合わせや、ハーブやスパイスを上手に使ったレシピにも定評がある。 趣味は日本と世界の食文化、郷土料理を調べる事と和食器を集める事。

(公式モバイルサイト)