水戸黄門 第30部

2002年1月7日〜7月1日(全25話


みどころ:

29部の最終回で、最も信頼する腹心の藤井紋太夫に裏切られ、さらに紋太夫を自害させてしまった光圀は、紋太夫の霊と自らの心を鎮めるために瑞龍山に籠もった。
光圀は、その時伸びたヒゲを剃ることなく形を整えて放送が終了した。
今シリーズは、第一話から、ヒゲの姿で登場する。より親しみやすい表情の黄門さまに期待が膨らむ。品格に加え慈愛に満ちたユーモアを解する癒し系のご老公に注目が集まりそうだ。(制作発表資料より)
(※写真左から:助さん、黄門様、格さん、おるい、お娟)

登場人物:


水戸光圀(みとみつくに)/石坂浩二(いしざかこうじ)
水戸藩二代目藩主。若い頃は「乱暴、狼藉、かぶき者」と側近を嘆かせた。年齢を重ねてもその本質ははあまり変わっていない。正義がないがしろにされることが我慢できない。

佐々木助三郎(ささきすけさぶろう)/岸本祐二(きしもとゆうじ)
君主・光圀への忠義に堅く、思いやり故の厳しさを持つ。殺陣では、流れるように格好いい。
格之進との、兄弟的な信頼関係も一段と深まってゆく。

渥美格之進(あつみかくのしん)/山田純大(やまだじゅんだい)
人情に厚く、庶民の目線を持つ。太刀さばきは、荒削り。
助三郎との、兄弟的な信頼関係も一段と深まってゆく。

おるい加賀まりこ(かがまりこ)
光圀の正妻だった関白近衛信尋(のぶひろ)の息女、尋子と一緒に京都から来た女。尋子が二十一歳で亡くなったあとも、ずっと水戸屋敷の奥に残っている。謎の多いおるいの素性だが、今シリーズで語られる。

疾風のお娟(はやてのおえん)/由美かおる(ゆみかおる)
せん(清水あすか)、みつ(児玉百合香)、ひで(尾上彩)の3人のくノ一を従え、一行を護る影の司令塔としての役割が強化される。

素破の次郎坊(すっぱのじろうぼう)/コロッケ(ころっけ)
第29部では、光圀の命を狙っていたが、忍びを捨て、陰陽師として生きる決意をする。
神出鬼没に登場し、目の離せない存在だ。

あらすじ:

第 12345678910111213141516171819202122232425 話



水戸黄門ホームへ

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.