2015年1月期連続ドラマ毎週火曜よる10時

ドアマンの独り言

February 3, 2015

東王病院の正門に立っていると、通り過ぎる人たちを見て、変わりゆく季節を感じることがあります。ファー付きのダッフルコート、カシミア織りのマフラー、本格レザー手袋… 色でいうと、今年の冬はベージュが流行っているのでしょうか?寒さゆえ身に付けるものが多くなる時期ですが、マスクをつけている人も増えてきました。この際、正しい手洗い、うがいについて調べるために、いつも勉強熱心な看護師の松岡菜々様に話を伺ってみました。お客様に接することが多い中、風邪をひくことはドアマンとしてあってはならない事ですから。

正しい手洗いは、手のひらを合わせて5秒間数えながら洗います。
手の甲を伸ばして5秒間、指先や爪の間も丸を描くように5秒間。
指の間もしっかりと5秒間。親指をねじるようにまたファイブセカンド…
最後に忘れてはいけません。手首もしっかり5秒間洗いましょう。

正しいうがいは、うがいしやすい量 (50-60ml) の水を用意します。
3回に分けてうがいをするのですが、1回目は口に含んで強くうがいをします。
口の中にある食べカスを取るために、クチュクチュさせます。
2回目は上を向き、喉の奥まで届くように15秒うがいをします。
ここではガラガラさせてペッとします。
3回目はもう一度、同じことを繰り返し、以上になります。
水の代わりに、殺菌作用があるといわれている緑茶でうがいする事もお勧めします。

これで365日、風邪をひかずに業務に努めることが出来るはずです。インフルエンザは2、3月まで流行しています。バランスの良い食事、適度な運動を日常に取り入れて、丈夫な体を作る事が大事だそうです。…という事は、好物の海苔塩ポテトチップスは控えめにしないと… ですよね、松岡様?
はい、アドバイスを守って、健康第一で仕事に励みたいと思います。

アレックス・ミドルトン

↑このページの一番上へ