監督:リケジョ探偵の謎解きラボ|『このミステリーがすごい!』

2015年11月30日月曜日よる9時放送

HOME

リケジョ探偵の謎解きラボ

監督

写真 大谷 健太郎(おおたに けんたろう) 1965年 京都府出身。多摩美術大学芸術学科卒。
1988年 大学在学中にぴあフィルムフェスティバルに入賞。
1999年 『avec mon mariアベックモン マリ』でデビュー。

[主な監督作]
映画
『avec mon mariアベックモン マリ』(1999)/『とらばいゆ』(2000)/『約三十の嘘』(2004)/『NANA』(2005)/『ラフ ROUGH』(2006)/『NANA2』(2006)『ジーン・ワルツ』(2011)/『ランウェイ☆ビート』(2011)/『LOVE まさお君が行く!』(2012)/『がじまる食堂の恋』(2014)

テレビドラマ
『ヤング・ブラック・ジャック』(2011・NTV)/『ドルチェ』(2012・CX)/『強行犯係・魚住久江〜ドルチェ2』(2013・CX)/『このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状「カシオペアのエンドロール」』(2014・TBS)/『ある日、アヒルバス』(2015・NHKBSプレミアム)

コメント ライン 前回の「このミス」で、『カシオペアのエンドロール』(原作・海堂尊)を演出し、こだわりを通せるドラマ作りが本当に楽しい仕事だったので、今回の『リケジョ探偵の謎解きラボ』のお話を頂いた時は、諸手を挙げて参加させて頂きました。しかも、女性科学者であるヒロインが上野樹里さんに決まり思わず張り切ってしまい、気が付けば自ら脚本を執筆し、久しぶりの脚本・監督作品となりました。ヒロインの久里子は、上野さんをイメージして描き、透明感のある美しさや、理知的だけど実は天然?なチャーミングさなど、上野さんの持つ魅力をヒロインに重ねることで、今までに無いニュー・ヒロイン『リケジョ探偵』が誕生したと思います。しかも久里子の夫・誠彦を、浜野謙太さんが演じ、単なる謎解きのミステリーだけでなく、コミカルな夫婦関係のドラマとしても楽しめる内容になっています。美術セットや、赤青白のトリコロールカラー、会話劇等、随所にこだわりましたが、上野さんからも色々なアイデアを頂き、一緒に良い作品が作れたと思っております。ぜひ、上野樹里が演じるニュー・ヒロイン『リケジョ探偵』の魅力を御堪能下さい!

ライン
PAGE TOP