原作紹介|『このミステリーがすごい!』

2015年11月30日月曜日よる9時放送

HOME

原作紹介

ライン

原作本

このミステリーがすごい!3つの迷宮 『リケジョ探偵の謎解きラボ』 / 喜多喜久 『ポセイドンの罰』 / 中山七里 『冬、来たる』 / 降田天 密室で突然死した大学教授、海上で起きた殺人事件、父親の連れ子に隠された秘密……。
「このミステリーがすごい!」大賞作家による豪華書き下ろし3編!

発売:2015年11月6日発売
価格:648円(税込)
出版社:宝島社

『このミステリーがすごい!』大賞とは

 宝島社が1988年から発行しているミステリー小説のブック・ランキングを掲載するミステリーのブックガイド『このミステリーがすごい!』から派生し、2002年に創設されたミステリー&エンターテイメント小説の新人賞。 主催である宝島社が文芸界に面白い作品・新しい才能を発掘・育成する新しいシステムを構築することを意図として創設。
毎年1回、ミステリー&エンターテインメントの未発表作品を募集。第1次選考、第2次選考、最終選考という3段階の選考を経て、受賞作を決定する。ベストセラー作家への登竜門と言われ、大賞賞金は小説新人賞史上最高額の1200万円。
 ちなみにガイドブックの『このミステリーがすごい!』は88年の発刊開始以来、毎年1回刊行されており、掲載されるミステリー作品のランキングは目利きによる選者たちによる投票形式で選ばれ、国内部門と海外部門でそれぞれ作品が紹介される。近年では『このミス』という略称で出版業界をはじめとするメディア、書店、読者にその名称が浸透し親しまれている。

ライン
PAGE TOP