ウルトラマンを撮る監督になりたい

(写真)

宮崎 陽平

Yohei Miyazaki

ドラマ制作部 2015年入社
担当番組:『陸王』『小さな巨人』『LEADERS2』『コック警部の晩餐会』『99.9 -刑事専門弁護士-』『下町ロケット』など

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

僕はドラマ制作現場の助監督(AD)として働いています。ドラマのADは演出部の助監督のことをいいます。撮影現場に必要なものを事前準備して現場がスムーズに進むように調整して進行していくのが仕事です。具体的には、台本を読んでシーンごとに必要な人や物を確認し、他部署(撮影部・美術部・制作部などなど)と連携しながら、監督が作りあげたい映像に必要なモノを準備して、撮影現場でそれらがちゃんと映像に映るように調整します。今、僕は美術品の登場の仕方を担当するポジションにいるので、スタンバイ期間は美術部さんと連携して装飾品や小道具などの発注・作成をします。撮影現場では、役者さんや専門家と話しながら、小道具の使い方を確認し、演技がしやすい環境とスタッフが思い描いている画を撮影できるようにセッティングします。ドラマのスタッフは、ドラマ放送一ヶ月前くらいから撮影が始まって放送終了までの4ヶ月間程度、ずっと担当しているドラマのことを考えて働くので気は抜けません。0から映像を作りあげるので視聴者の人々が気付かない小さな設定や状況まで想像し、映像上で形にできるとても面白い職場だと思います。

Positive part of my work

色んな作品に携わることができて様々な現場を知れるので、将来自分が監督としてどういう作品を作りたいかを想像しながら働けます。また、自分が考えたものが実際に形になってそれが、オンエアされると、小さい演出であっても視聴者の皆様に届いていることが大きなやり甲斐に感じられます。何よりもTBSが築き上げてきた歴史あるドラマ作りを学べる環境にいられるので有意義な職場だと思います。

Negative part of my work

朝早く夜遅い中、撮影中は走り回っているので体力的にとても大変です。ですが、役者さんやその他スタッフも人生をかけて作品を良くしようとしているのを目の当たりにするので、自分も頑張らなきゃと思えます。それがプレッシャーにもなります。最近慣れてきましたが、今でも役者さんを相手に色んな説明をするときは、何度も変な汗が出てきます。

Schedule of one day

6:00

(写真)

今日はドラマ収録のため遠出!

眠い目をこすりながら、ロケバスに直行。
現場に続々とスタッフが到着して役者さんも到着。

7:30

(写真)

第1現場のロケ地で撮影!

美術品を確認して、本当に撮影が無事に進むかを確認。
監督が現場にきて、役者さんを呼んでドライリハーサルです。
そこで演技を確認していざ撮影開始です!

12:30

(写真)

移動&昼食 第2現場準備

第1現場が終わって第2現場の緑山スタジオに移動。昼食はバス移動中もしばしば。色々と確認をしていると…バスの中で爆睡しています!到着後、すぐに次の撮影に備えて準備です。各セクションが再開時間までに撮影現場の環境を整えます。

13:00

(写真)

第2現場のセットで撮影再開!

移動完了して撮影再開! 別のシーンの下準備をしたり、代役で立つことも…。
セットは、馴染みの場所でちょっぴり安心です。

18:00

(写真)

夕食 ケータリング

ロケ弁ではなく、たまにケータリングのご飯が出ます。栄養満点!ありがたいことに、アツアツでおいしい。お代わり希望スタッフは多数。編集し終えた本編を皆で見たり話したりして休憩をします。

24:00

(写真)

撮影終了 帰社

本日の撮影も無事終了!ヘトヘトになって、家に帰ろうかなと思ったら…会社で寝てしまって、気がつけば朝!みたいなこともたまにあったりなかったりあったり体力&気力で勝負している毎日です。

色々な部署から話を聞く限りドラマ部での働き方はメリハリがスゴいそうです。現場が始まると怒涛のようなスケジュールですが作品がクランクアップすると少し余裕ができます。若手の内は、テスト中とテスト後みたいな生活がずっと続くイメージです。

Outside work

(写真)

day off

ドラマ収録中はとても忙しい代わりに、まとまった休みをもらえます。海外旅行に行ったり、ミュージカルを観たり…とにかく趣味に没頭します。1年目の休みは、学生時代やっていたバックパックを思い出して、気軽に海外に出ては1週間くらい滞在したりしました。

(写真)

college life

工学部出身なので情報系大学院にも行ってVRやインタフェース系の研究をしていました。課外活動は、当時の学生映像では珍しかったVFX系の実写映画などの映像制作をしていました。時間ができると、ヒッチハイクやバックパックで見知らぬ土地にも行きました。

Message

僕はテレビ局を受けることなんて考えてもいませんでした。就活の期間は、将来の幸せや人生設計についてじっくりと考えられます。「就活用に準備しないと…」と思うと気が重かったですが、
今後の人生を考えられる大切な準備期間なんだと考えると、ボーッとせずにはいられなくなりました。自分にウソをつかないで大切に真剣に一生懸命考えぬく良いきっかけが就職活動だと思います。大学を出たからといって就職せずにインドで生活するとか考えるのもありだと思います。自分で決めつけず色んな可能性を考えて、自分のしたい道を真剣に考えて下さい! TBSで一緒にドラマ制作をしたいという人がいたら、一緒に働けたらとても嬉しいです!僕も負けません!一緒に働きましょう!

(写真)