次回予告

2017年1月29日放送
空から見るアメリカ大陸

放送内容

北極圏から南極圏まで連なるアメリカ大陸。空の旅は、アラスカの氷河地帯から始まります。
そしてロッキー山脈を南下し、イエローストーンやグランド・キャニオンの絶景へ。その先にはメキシコの砂漠や中米の火山地帯が続きます。
南米ではアンデスに生まれた古代文明やアマゾン流域に広がる熱帯雨林へ。最南端の地パタゴニアには、古代人の暮らしの跡と野生動物の世界がありました。
そして空の旅は、氷河地帯ロス・グラシアレスへ。

担当ディレクター

石渡哲也石渡哲也
南米ペルーのナスカに行くとヘリポートに観光客があふれています。
ナスカの地上絵は、上空から見ないと何が描かれているのか分からないからです。
サル、クモ、ハチドリなどが有名ですが、セスナで見物するなら午前中の早い時間がおすすめです。
斜光の方が、地上絵の線がくっきり見えます。

ディレクターによる取材の裏話や今週の見どころをもっと知りたい方はfacebookページへ!
※facebookサイトに移動します

今後の放送予定

  • 2017年2月5日(日) 琉球王国のグスク及び関連遺産群(日本)
  • 2017年2月12日(日) スレバルナ自然保護区(ブルガリア)
  • 2017年2月19日(日) メロエの古代遺跡群(スーダン)
  • 2017年2月26日(日) ジョギンズ化石断崖(カナダ)