次回予告

2016年5月29日放送
大西洋に浮かぶ雲海の島 〜 マデイラ島の照葉樹の森(ポルトガル)

放送内容

アフリカ大陸から西へ700キロの沖合いに位置するマデイラ島。
火山の噴火で生まれた島には砂浜がなく、周囲を断崖絶壁が取り囲む。
この島の北側に氷河期を乗り越えた貴重な照葉樹の森が広がる。
森を守ってきたのは大西洋から流れ込む分厚い雲海だ。
この雲のおかげで森は常に潤い、斜面のいたるところで水が滴り落ちている。
また森の豊富な水を利用して、全長2000キロを超す水路のネットワークが島中に張り巡らされている。

担当ディレクター

古賀淳也古賀淳也
マデイラ島は奄美大島ほどの小さな島ですが、島の南北で気候が全く異なります。
潤いに満ちた北側に比べ、南側は乾燥しているのです。
その秘密を探るため、南北を隔てる急峻な山の頂に登りました。
そこには雲海が生み出す不思議な絶景が広がっていました。

ディレクターによる取材の裏話や今週の見どころをもっと知りたい方はfacebookページへ!
※facebookサイトに移動します

今後の放送予定

  • 2016年6月5日(日) アルルのローマ遺跡とロマネスク建築群(フランス)
  • 2016年6月12日(日) ピトンズ・マネジメント・エリア(セントルシア)
  • 2016年6月19日(日) アルベロベッロのトゥルッリ(イタリア)
  • 2016年6月26日(日) カナイマ国立公園(ベネズエラ)