インタビュー(東京本部)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

半沢直樹・堺雅人さんのインタビュー(東京本部)

これまでの大反響を受けた感想をお願いします。
こんなに反響があるのは驚きました。きっと日本中に「半沢直樹」がたくさんいる、ということなんでしょうね。言いたいことを言わずにがまんして、自分の居場所をちゃんと守り続けて働き続けている多くの方が、啖呵を切って、間違っていることを間違っていると筋を通す半沢を見て溜飲を下げていらっしゃるんだろうなと、自分なりに解釈しています。
ただ、ぼく自身は家と撮影所の行ったり来たりなので、実感はほとんどないですね。世間と接触していないので、本当に放送しているのかも確信が持てない。でも、福澤組というのは精も根もすべて注ぎ込んで求めていくのがいいところで、最初からそんな余裕はないと思っていましたし、そこがやっていて楽しいところでもあります。
決め台詞「やられたら倍返し」が大人気ですね!

決め台詞ということはあまり意識していなかったのですが、最初から時代劇テイストだな、とは思っていました。半沢は剣道をやっているので、姿勢を良くしてみたり、ハキハキと理路整然と話すということは初めから心掛けていたんです。そういうある種の折り目正しさというか、様式美が時代劇っぽい演技になって、決め台詞と相性が良かったのかもしれませんね。
物語全体も、それぞれ悪役といいますか「イヤな上司アラカルト」という感じで、キャラクターがハッキリしてますよね。啖呵を切るシーンも、切り役と切られ役がいる、立ち回りのような感覚で演じています。切られ役の先輩方がいらっしゃるからこそ、半沢のまっすぐさが活きているんだと思います。役者はやはり悪い人間も演じてみたいと思うものですから、先輩たちの芝居を見ながら「小木曽やりたいな、江島副支店長もいい役だな」と思っていました。それぞれ、卑屈になる歴史が感じられますよね(笑)。
この先は香川照之さん演じる大和田常務との対決が待っていますが…
香川さんとは何度もご一緒させていただいていますが、本当にどんなものが出てきてもおかしくないくらい引出しが多いんです。どんなお芝居が出てきても僕はもう驚かない。今回も、倍返しじゃありませんけれど、ゴツンとぶつかればゴツンゴツンと倍になって返ってくる。せめて気持ちで負けないように精一杯がんばっています。
花さんとのシーンは、銀行内とはまったく違う雰囲気ですね。
意識して切り替えています。実は、花とのシーンは、電話から始まっているので、一緒にスタジオから始めたわけではないんです。アドリブで「花ちゃーん」と言ったところ、それが採用されて、そこから家でのくだけた面がどんどん作られていきました。でも、そこでやりとりしたのはヒゲもじゃのスタッフで、上戸さんに対する芝居をそんなビジュアルの人と作り上げたというのは複雑な思いです(笑)。
花のキャラクターも原作とは違っていて、ドラマが大きく動くとすれば、花との関係性だと思っていたので、実際にやってみてここまで砕けることが出来たのは、上戸さんのキュートな、いきいきとした存在のおかげだと思っています。花とのシーンは、完全に受身の姿勢でリアクションすることを楽しんでいます。
銀行員・半沢直樹という役を演じていて銀行のイメージは変わりましたか?

銀行というところは、数字を扱うところですし無味乾燥なイメージがあったんです。でも、結局は人と人との物語なんだということが改めて分かりました。人が人を応援したい、そういう想いでお金を扱う仕事というのは、ある意味、人間を見据える仕事なんだという気がしています。
これは池井戸さんの小説にある記述なんですが、お金って血液みたいなものだと。お金自体に価値があるのではなくて、お金が回ることで価値が出る。人の血液のように、会社や社会が生き生きと機能するためにお金という血が回らなければいけないのではないでしょうか。
半沢さんの強さを支えるものとは何でしょうか?
正義感とか人の気持ちとかあると思いますけれど、真っ直ぐさだと思います。間違っていることを間違っていると言う理性、その善意と理性を信じて前に進んでいるということが半沢の強さでしょう。
まっすぐで熱い、本当にいいヤツですよね。やればやるほど自分との距離を感じます。強いな、真っ直ぐだな、と。ぼくにはそんな強さはありませんし、社会人の皆さんは、あまり真似をしないほうがいいかもしれません。なにしろ半沢は極端だから、そのままやるとクビになっちゃうんじゃないでしょうか。
この先の注目点、メッセージをお願いします。
連続ものではありますが、毎回毎回、ひとつのトラブルを乗り越えながら進んでいきます。スピード感と相手との真っ向勝負を、お芝居をしながら非常に強く感じています。会社でもほかのところでも、人間関係が一番大事だと思いますので、人と人とのきちんとしたぶつかりあいというのは、演じていても非常に楽しいですし、人のドロドロしたところも含めて見て頂ければと思います。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.