STORY/あらすじ:テッペン!水ドラ!!『コック警部の晩餐会』/毎週水曜 深夜0時10分〜0時40分 放送

STORY/あらすじ

#1. 10.19 深夜 0:10- on air

※ 一部端末では動画がうまく再生できない場合がございます

ある人気ラーメン店で、頑固店主(石橋蓮司)とラーメンについて対峙していた古久警部(柄本佑)は、新人刑事・七瀬あずみ(小島瑠璃子)から、事件発生の連絡を受け呼び出される。その事件とは、元人気No.1女優の安城冴子(小野真弓)が自宅マンションから転落死したというものだ。
死体の第一発見者である担当マネジャー・田口久(小木博明)の「転落する直前に電話で遺言を言われた」という証言から、猫田刑事(えなりかずき)は自殺だと主張する。だが、現場検証が行われる中、テーブルの上に残された長崎ちゃんぽんを見つけた古久は、「これから死のうとする人間がこれを作るか?」と疑問を持ち、あることに気がつく。古久が気付いたあることとは?
【1】-1
【1】-2
そして古久はある確信を持って、安城と同じマンションに住む“抱かれたい俳優No.1”の徳永貞治(塚本高史)を訪ねる。古久が徳永のアリバイを確認すると、「本当のことを言うと、安城さんの部屋にいた」と思わぬ告白をする徳永。果たして、徳永は何を知っているのか?
ほどなく古久は、あずみと猫田、一条刑事部長(藤真利子)に加えて、田口と徳永を晩餐会に招待する。そこで再現された長崎ちゃんぽんから事件の真相が明らかになる!?

- ARCHIVE -


- MENU -

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.