バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #400 2013.11.16 O.A.

バックナンバー
日本レスリング界期待のスーパー高校生 佐々木アーセン 後編
日本から9000キロも離れたハンガリー北部の町、エステルゴム。
人口3万人ほどの小さな田舎町で、一人の日本人高校生が、レスリングの練習を行っていた。
彼の名は、佐々木アーセン、17歳。
アーセンは、世界女王に3度輝いたあの山本美憂を母に持ち、祖父はミュンヘン五輪日本代表の山本郁榮という日本を代表する格闘一家に生まれ育った。
今年4月、(JOCジュニアオリンピックカップ)ハンガリー留学後初めて、日本の大会に出場。
16歳から17歳クラスの世界選手権出場が懸かったこの大舞台で、アーセンは圧倒的な実力を見せつけ、優勝。
ついに、自身初となる世界大会の切符を掴み取った。
そして2013年8月。
ついに16歳~17歳の世界一を決める、レスリング世界カデット選手権が開幕。
アーセンにとって、これが日本代表として戦う初の大舞台。
初戦相手に苦戦をするアーセン。
だが、相手の両肩をマットにつけ勝利確定のフォール。
見事、一回戦突破。優勝まであと4つ。
家族の心配をよそに、アーセンは落ち着いた試合運びで、2回戦、3回戦を突破。
そして迎えた準決勝。
アーセンは、ヨーロッパ選手権5位の実力者に勝ち、決勝にコマを進めた。
そして、ついに迎えた決勝戦。
試合は、レスリング史に残る壮絶な激闘となった。
そして…アーセンは見事、優勝。
こうして、16歳〜17歳の部、世界一に輝いた。
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.