バース・デイ

INFORMATION

お知らせ
『人はなぜ挑み続けるのか?逆境を乗り越えるための哲学100』
TBS「バース・デイ」「プロ野球戦力外通告」取材班・編
番組スタート10周年&500回を記念!
全国の書店にて絶賛発売中!

人はなぜ挑み続けるのか?逆境を乗り越えるための哲学100


過去500回の中から100人の挑戦者たちを選び、彼らの言葉とそこに至る経緯を1冊の本にまとめました。彼らの思考、経験、言葉から多くのことを学び、一般社会で懸命に闘うすべての人々にこの本を捧げます。

タイトル:「人はなぜ挑み続けるのか?逆境を乗り越えるための哲学100」
(TBS「バース・デイ」「プロ野球戦力外通告」取材班・編)
価格:1,380円+税
発行・発売:ミラカイナカイブックス

COMMENT

ご意見・ご感想
2017.5.20 O.A. “10.8決戦”
  • 我々の年代では、野中さんも山田さんも高校野球から甲子園で活躍していたスター選手でしたが、選手引退後も現在の立ち位置で存在感・遣り甲斐を見つけているようで、安心するとともに嬉しく思います。10.8のことはこれから何年たっても我々野球ファンの心に残り続けると思います。
    (千葉県・53歳 男性)
  • いつも楽しみにしております。特に野球の回は、最高に楽しんでいます。
    その当時の心境、意気込み、思い入れ、そして後悔…!自分も高校まで硬式野球部員!
    選手の気持ちが痛いほどわかるつもりでいます。ただただ、その後の人生を応援したい…そんな気持ちになります。今日の山田氏、野中氏もやってやってやりきったお二人です。プロでの活躍、自信を胸に、今後の人生大いに羽ばたいて欲しいと、切に祈念申し上げます。
    今後も番組に期待しております。宜しくお願い致します。
    (東京都・48歳 男性)
  • 野中徹博さんは中京高校で甲子園活躍していた時から、テレビで拝見しておりました。
    10.8は私に限らず、プロ野球ファンの方なら、歴史に刻まれた、ベストゲームですよね。中日投手陣と高木監督のこの試合にかける熱い想いが刻まれた試合だったのですね。当時の選手たちも、ベンチも全力で1試合に懸ける気持ちが、最高の試合に押し上げたのでしょうね。野球の素晴らしさが凝縮された、そしてその試合にそれぞれの思いで、挑んだ選手たちに、あらためて感謝したいです。
    (神奈川県・49歳 男性)
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.