バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #360 2012.12.29 O.A.

バックナンバー
井岡一翔、宮崎亮 二人のボクサーの挑戦
日本ボクシング界に、新たな歴史を刻み続ける井岡一翔。
井岡は、大晦日、日本最短で、2階級制覇に挑む。
そして、同じ日、世界タイトルに初挑戦する…宮崎亮。
二人は高校時代からの親友。
だが…宮崎は、井岡とはかけ離れたボクシング人生を歩んできた。
悪行を繰り返し、過ちを犯した宮崎。
そんな宮崎を支え続けたのは…母だった。
元不良ボクサーの宮崎が初めて挑む世界戦。
母の為に、決して負ける事の出来ない男の思いに迫る。
日本ボクシングの歴史に井岡一翔は、既に2つの輝かしい足跡を残しています。
1つは、プロ7戦目に日本最短で世界王者になったこと。
もう一つは、日本初のWBA・WBC世界統一王者になったこと。
そして、大晦日、井岡はまた一つ偉大な足跡を残そうとしています。
それは、プロ11戦目にして日本最短で2階級制覇をすること。
はじめて階級を上げて挑む世界戦。
23歳の井岡が狙うのは、日本人で、まだ、誰も成し得ていない4階級制覇。
その為、統一世界王者の座を今年9月に返上。
階級を1つ上げ、再び世界王者の座に挑む事を決めた。
そして、もう一人、ここにも大晦日の世界戦に挑む男がいる。
大晦日、ボクシング世界タイトルマッチに初めて挑む…
宮崎亮 24歳。
背中を追いかけ続けてきた井岡と伴に初めて挑む世界戦。
それは、同時に…母に恩返しを果たす、またとないチャンスとして訪れた。
元不良ボクサー宮崎にとって、決して負けるける事の出来ない戦いが始まった。
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.