バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #167 2008.9.25 O.A.

バックナンバー
K-1ミドル級日本人頂上決戦 魔裟斗 vs 佐藤嘉洋
10月1日に開催される『K-1 WORLD MAX世界一決定トーナメント』。魔裟斗は背水の覚悟で、この戦いに臨もうとしていた。対するは、魔裟斗の影で常に苦杯を嘗め続けてきた男。人生を賭けたふたりの戦いに密着した。

2003年、24歳の若さで日本人初のK-1世界王者に輝いた魔裟斗は、時代の寵児ともてはやされ、格闘界のカリスマとして常に注目されてきた。しかしその後、魔裟斗は一度として世界一の栄冠を手にしてない。5年ぶりの世界王座奪還に向けて、魔裟斗は決死の覚悟でトレーングに励み、プロデビュー11年目にして己の肉体を最高のコンディションに仕上げた。魔裟斗は自らの進退を懸けて、運命の決戦に挑む覚悟を決めていた。

そして迎えたK-1 WORLD MAX世界一決定トーナメント開幕戦。魔裟斗はボクシングの元世界王者を相手に強烈なフックで見事KO勝利。続く準々決勝でも終始相手を圧倒し、10月1日に行われる準決勝へと駒を進めた。

魔裟斗を迎え撃つのは、佐藤嘉洋27歳。佐藤は中学2年でキックボクシングを始め、20歳の時にはムエタイの世界王者に輝いた。そして2006年にはK-1参戦からわずか1年でミドル級の日本王者となった。世界のトップで通用する実力を持つ佐藤。しかし、どんなに結果を出しても、周囲の注目はいつも魔裟斗に向けられる。そんな佐藤に今年7月ビッグチャンスが訪れた。K-1 WORLD MAX準々決勝で優勝候補のブアカーオを撃破し、魔裟斗と初めて対戦するチャンスを手にした。

来る10月1日でついに実現する日本人頂上決戦。己の思いを果たし、バースデイの瞬間を迎えるのは魔裟斗か、それとも佐藤か?
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.