バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #160 2008.8.7 O.A.

バックナンバー
五輪ママさんランナー 赤羽有紀子に密着!
これまで多くの女性アスリートが結婚や出産を機に引退の道を選んできた。それは一度離れた競技への復帰や、家事や育児との両立が難しいからだと言われている。そんな中、陸上界において幼い子を持ちながら五輪出場を決めた選手がいる。陸上女子10000m代表の赤羽有紀子、28歳だ。

かつては世界を狙えるまでの存在ではなかった赤羽だが、ここ数年急激に力をつけてきた。その原動力となっているのは紛れもなく夫と娘の存在。大学時代、同じ陸上部でマネージャーだった周平さんと3年前に結婚。周平さんは夫であると同時にコーチも務めている。そして赤羽が練習する傍らには、いつも娘の優苗ちゃんの笑顔があった。

周平さんは公私ともに大切なパートナー。結婚した翌年に優苗ちゃんが産まれると、慣れない育児も試行錯誤で行い、3度の食事も周平さんが担当。そして練習中はコーチを務めながら、優苗ちゃんの世話をしてくれる。娘の笑顔と全面的にサポートくれる夫の優しさに応えるべく、赤羽は見る見るうちに記録を伸ばしていった。

6月27日、北京五輪の選考会を兼ねた陸上の日本選手権の日がやってきた。10000mは福士加代子、渋井陽子など有力候補が多く存在する激戦区。日本のトップを争う3人が北京への切符を懸けて激闘を繰り広げた。赤羽はこのレースで惜しくも優勝は逃したが、みごと北京への切符を手に入れた。8月15日、日本初の五輪ママさんランナーが世界のトップに挑戦する。
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.