バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #157 2008.7.17 O.A.

バックナンバー
新人フラガール 涙の奮闘記 〜後編〜
厳しい特訓を乗り越え、初舞台をかけた運命のテストに無事合格した6名の新人フラガールたち。デビューを数週間後に控え、レッスンも本番を意識した内容へと変わっていた。

木野田舞子には、リハビリに励む父に初舞台を見て欲しいという強い思いがあった。新人6名の中で最も身体の大きな彼女は失敗すると目立ってしまう。ミスは許されない…先生から厳しい指導が入る。

デビューまで残すところ1週間。いよいよステージ上で先輩との合同練習が始まった。大勢で踊るダンスでは、立ち位置など周囲との調和が重要になってくる。その中で、一人の新人が大きな壁にぶち当たっていた。長谷川友紀は、自分の立ち位置をうまくつかめずに苦戦していた。

本番で新人たちはフラ、ニュージーランドのマオリ族の踊り、タヒチアンダンスと3回の出番がある。ここでは新人だからといって、甘えは通用しない。一人のミスがショー全体に影響するからだ。全員の動きがそろうまで、同じ練習が何度も繰り返された。

7月1日、ついに初舞台当日がやってきた。新人フラガールのお披露目とあって、平日にもかかわらず、会場は超満員の観客で埋め尽くされた。そこには、体調が心配だった木野田の父の姿もあった。

そしてショーが始まった。
夢の初舞台へ・・・新人たちの緊張は高まっていく。果たして努力の成果は実るのか?
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.