バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #156 2008.7.10 O.A.

バックナンバー
新人フラガール 涙の奮闘記 〜前編〜
映画「フラガール」のモデルとなった福島県、いわき市のスパリゾートハワイアンズダンシングチーム。44年の歴史を誇るこのチームには、現在26名のフラガールが所属している。4月18日、今年も養成所には華やかな舞台に立つことを夢みる6人の新人たちが入ってきた。

厳しいオーディションに合格して選ばれた新人のほとんどは18歳。彼女たちは入学後わずか2ヶ月半で、プロとして初舞台に立たなければならない。美しいフラの3大要素は「ステップ」「滑らかな手の動き」「豊かな表情」。そして中でも重要なのは、フラ独特の優雅な腰の動き。新人たちにとっては、これがなかなか難しい。厳しい特訓が続いた。

新人の中に、特別な思いを持って入学した生徒がいた。18歳の木野田舞子は子供の頃にフラダンスのショーを見て以来、ずっとフラガールに憧れてきた。木野田の父は今年1月、病に倒れた末、奇跡的に命を取り留めた。父に何としても初舞台を見せてあげたい…それが木野田の願いだった。

映画の大ヒットで注目度が高くなったフラガール。今年の新人たちには例年以上の高いレベルが要求され、初舞台をかけたテストには昨年より高いハードルが設けられた。通常のフラだけでなく、激しい腰の動きが特徴のタヒチアンダンスも課題に加わったのだ。新人たちにとっては、かなりの難関である。

6月18日、いよいよ運命のテストの日がやってきた。木野田は、そして新人たちは夢の初舞台に立てるのか?
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.