STORY

時は幕末。日本の未来を憂い、各々の志を抱いた熱き男たちが群雄割拠する時代。長州の風雲児・高杉晋作は、相棒の桂小五郎とともに徳川慶喜率いる幕府海軍の船に潜り込もうとしていた。目指すは伝説の秘宝、時を操る力があるといわれるじしんぎ懐中時計“時辰儀”。幕府がその時辰儀によって天下取りを目論んでいると耳にした高杉は、秘宝を奪い取り、破壊しようとしていたのだった。『それを使って天下を取るのはつまんねぇ。天下には取り方ってもんがある!』だが、時辰儀をなんとか手に入れたのも束の間、現れた謎の黒装束の女に奪われてしまう。徳川の手下と踏んだ高杉と桂は女を追って幕府がある京都に向かうが、そこで目にしたのは異様な姿で君臨する“巨城スサノオ”だった。自分たちが知る様相とは全く異なる町並み、人々の様子に戸惑う高杉たち。なんとそこは、仮面の将軍・無限斎に支配された、もうひとつの幕末だった——。自らの信念に従って突き進む幕末志士たちの新たな戦いが、時を超え、今、幕を開ける!

このページのトップへ