スペシャル対談:日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』

TALK スペシャル対談

vol.1 木村拓哉さん×竹内結子さん
Q. 共演が決まった時のお気持ちは?

竹内結子さん(以下、敬称略)
久しぶりだなっていうのと、具体的な年数を数えました。もうそのくらい経ったんだって…

木村拓哉さん(以下、敬称略)
そうですね。それは自分も全く一緒で指を折りました。その間にも自分は視聴者として観ていた作品もあったので、共演者は共演者だけど、知り合いにもう一回会えるんだなって気持ちで嬉しかったです。顔合わせで実際にお会いして、全然変わってないなっていう感じはありました。

竹内:
ありがとうございます

Q. 13年前と変わった所、変わってない所は?
PHOTO1

木村:
変わらないことは、"竹内結子"であること。そのまんまになっちゃうんですけど、そこは変わらないです。全然。変わったことというか、これは本当に女性としてもう1つ大きく強いものを纏ったんだなという感じはします。

Q. 木村さんからみて竹内さんはどんな女優?

木村:
なんて言えばいいのか…
どんな女優さんかなぁ。非常に客観視もされるし、自己分析的に自分が作品の中で担うキャラクターを色んな角度からご自身の中でアプローチしていく…そういう印象が大きいかな。

Q. 竹内さんから見た木村さんはどんは俳優?
PHOTO2

竹内:
再会したときに何か変わったか、変わってないかと見ていたんですが、役柄が違うと関わり方も変わってきますし…変わっていない気もするし、でも変わった感じもする…。
印象としては、相変わらずシュッとしてるしかっこいいので、変わらなさっていうのはあるんですけど、沖田先生として見てしまっているからなのか、何か変わったような気もする…。何言っているか分からないですね(笑)。

Q. ●●のために、生きてきた

竹内:
1日頑張った!(冷蔵庫)開けた(ビール)出した!この一杯のために生きてきたとは思いません?日常に近い所で「ヨッシャー!終わった終わった!」って

木村:
日常で来たな(笑)。
世の中の女性は「そんなわけないでしょ」って思うと思うんですけど、竹内結子、飲むよね?僕、本当にそれが意外でした。そっか。その一杯か。現実的にきたな…俺なんだろなぁ。うーん…これ難しいよね。
なんのために生きてきた…元々子どもの頃の夢は、卒業文集とかに「◯◯になりたいです」と書くときは「動物園の飼育係になりたい」って言っていたんだよね…。なんだろう。なんのために生きてきた。それを探してるまだ最中ですねえ。うん。だと思う。
ケンケン(松山ケンイチ)が話していた時、すごいなと思ったんだけど「自分の命を全うするために生きてんすよ」って言っていて、

竹内:
なんて淀みない…

木村:
お寺の偉い人みたいなこと言われちゃって。「こいつすっげえな」って思ったんです。

竹内:
それに尽きるのかもしれませんね…人生、命全うするため

木村:
に、俺は生きてんすよって。

竹内:
私…もうちょっと徳を積まないと!

木村:
ちょっと恥ずかしいですけど、本音として誰にとかではなく、求めてもらうために生きてると思います。

Q. このドラマのここが面白いという所を教えてください
PHOTO3

竹内:
過去があったうえで今がスタートするドラマ。沖田さんがシアトルから帰ってきたことで、皆が嘘をつけなくなる。この状態がお話としてとても面白いと思います。色んな人が沖田さんに影響受けたり、与えたり。そうやっていくうちに本来は我慢していたこと、言わずにおいたこと、いいことも悪いことも、その人なりの隠していた物が全部出てくる。私はそこが楽しいなと思います。

- OFFICIAL SNS -

※ 外部サイトへ移動します

Instagram
@a_life_tbs
»

Twitter
@A_LIFE_tbs
»

Facebook
alife.tbs
»

LINE
@alife
»
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.