スタッフブログ|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

記事内容

寄り道から生まれる発想

2009年5月24日の放送に関して
今回のドリームメーカーは、名古屋大学の高井治教授。

取材をしてみて感じたのは、超はっ水技術は純粋な研究と言うよりは、「遊び心」から生まれたのではないか、ということ。

散歩に同行して街を歩くと、植物や昆虫を見つけては、丁寧に解説してくれます。
先生の研究分野とは少し離れていますが、好奇心をくすぐってくれる題材をいつも探している感じがします。
寄り道しながら、いろいろ話してくれる高井先生は、とにかく楽しそうでした。

一番驚いたのが、取材の初日の出来事でした。

パソコンの壁紙を飾るエキゾチックな顔立ちをした幼い子供の写真。
そこで「お孫さんですか」と聞いてみました。

先生「私の子供です(笑)」

そう、今年61歳の先生は5年前にドイツ人女性と結婚。
奥様の年齢はなんと27歳。

3歳と数ヶ月の2人の子供に恵まれ、、人生はまだまだこれからだと言います。

寄り道しながら、好奇心を持って世の中を眺めてみると、これまでと違った世界が見えるかもしれない。
高井先生から、そんな事を学びました。

担当ディレクター

2009年5月24日(日)
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.