スタッフブログ|TBSテレビ:夢の扉

» HOMEへ
日曜よる6時30分〜放送
「いつの日か」を「今日」に変える人がいる。

スペシャルメニュー

コンテンツメニュー

記事内容

睡眠のヒント

2009年3月29日の放送に関して
睡眠障害に悩む人は最近とみに増えていますが、その患者さんたちを治療する立場である、今回のドリームメーカー遠藤拓郎先生ご自身の睡眠はどうなのでしょうか?

意外なことに、先生は中学生の頃までは、全くの劣等生だったそうで、勉強に集中することができなかったそうです。その原因だったのが睡眠時無呼吸症候群。
中学生時代の先生ご自身の睡眠は決して良くはなかったのです。

現在の先生はどうかというと、夜の診療が終わると毎日スポーツジムに通い、体を動かし、そして帰宅するとばったりと「3秒で寝付く」と言います。朝は5時に目覚めて、また精力的に働きます。唯一の休みである日曜日はお子さんのボーイスカウトの活動や地域のボランティア活動に朝から参加する、という精力的な毎日。先生のこの生活を支えているのも、良い睡眠だと言う訳です。

24時間社会の避けられない「現代病」とも言える睡眠障害ですが、ほんのちょっとした工夫で、眠りを取り戻すことはできる、そんなヒントを頂いた取材でした。

プロデューサー 金廣純子

2009年3月29日(日)
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.