(写真)

あらすじ

第9話 2012.6.15 放送

あらすじ完全版

(写真) 日記を見つけた可南子(和久井映見)は、思わず開いて中身を見る。そこには、見慣れた自分の文字が書かれていた。しかし、可南子はすぐに日記を閉じてしまう。
一方の波留(竹野内豊)は、倒れた太助(小野寺昭)の看病をしようとするが自宅で普段通り過ごしたいという太助の希望通り、一緒に家へ帰ることにする。
太助の病気のことを聞いたミズシマオートでは、波留が大変なときこそ!と、桂(倉科カナ)を中心に、梅津(モロ師岡)の車の修理を進める。

裕樹(山本裕典)は、仕事の視察のためワインバーへ行くが、その際桂を誘った。その後、飲み直しにいったダイニングバー・カオスでミズシマオートの面々から太助の病気のことを聞く。裕樹から病気のことを聞いた可南子は太助の家を訪れ、太助、波留と一緒に夕飯を食べる。自分の作った料理を美味しい美味しいと食べる2人との食事は、可南子にとって楽しいものであった。

(写真) ミズシマオートでは梅津の車の修理が終わり、引渡すため梅津を呼ぶ。波留と可南子の事情を知らない梅津は、ドライブの際にはまた車を貸してやるという。そして波留は、直った梅津の車を借りて、太助と可南子と海に行くことに…。