(写真)

あらすじ

第5話 2012.5.18 放送

あらすじ完全版

(写真) 高校の同窓会に行った可南子(和久井映見)は、そこで昔付き合っていた一哉(袴田吉彦)と再会する。久々の再会に2人は学生時代のように盛り上がり、同級生たちもそんな2人をほほえましく見守っている。その帰り道、同じ方向の可南子と一哉は、一緒のタクシーで帰ることになる。可南子は、タクシーに携帯電話を落とし、波留(竹野内豊)からの電話に気がつくことが出来ない。

(写真)

後日、一哉が可南子の落とした携帯電話を届け、2人でお茶を飲んでいる姿を、桂(倉科カナ)進藤(松下洸平)が目撃する。波留はその話を耳にし、何もないだろうと思いながらも気になってしまう。一方、偶然一哉に会った裕樹(山本裕典)は、近況を報告する。もともと一哉になついていた裕樹は、実家に一哉を連れて帰る。しかし宮本家には、自宅に届いた可南子宛の宅急便を届けにきた波留が来ており、一哉とハチ合わせしてしまう。