banner_AD

インタビュー 小松原麦太郎役 田辺誠一さん

写真

Qこれまでの撮影を振り返ってみていかがですか?

現場の雰囲気、物語の内容も良く、本当に楽しかったです。後で「こうすれば良かった…」というシーンもなく、充実して撮影できました。

Q印象に残っている出来事はありますか?

バーベキューや遊園地のロケなど、いろんな所へ小松原家全員で行けたのは楽しかったです。会社勤めの経験もなかったので、会社での同僚とのやりとりも新鮮で勉強になりました。

Q麦太郎を演じてこられていかがですか?

自分と似ていない部分がないくらい自分と等身大の役で、また、家庭を大事にして仕事も一生懸命やるというキャラクターもすごく好きです。“奥さんと部下が入れ替わっているのに気が付かない”というところのさじ加減は考えましたが、ニュートラルな気持ちでお芝居ができました。

Q共演者のみなさんのお話を伺わせてください。

川口春奈さんは普段とても明るいですが、しっかりとした表現力を持っていますね。39歳の主婦という役は経験がないと思いますが、いろんなことをうまく取り入れてお芝居をされていたので、若いのに本当にすごいです。自分が川口さんと同じ年齢だったら絶対できないと思うので…。鈴木砂羽さんはキャリアもありますし、色んなアイディアを出して、お芝居に対しての思い入れや集中の仕方はさすがだなと思いました。川口さんと砂羽さん、女性2人のいいコンビネーションで現場もうまく回っていました。鈴木福くんはとても面白く、演技も自由でのびのびしているので、大人からすると、とてもうらやましいですね。大友恋花ちゃんは思春期の揺れ動く感じをちゃんと表現していたので、これからも楽しみです。古川雄輝くんは演技に対していろんなことを考えていて、とても柔軟で表現も幅広く、本当に素晴らしいなあと思います。柳沢慎吾さんは大先輩で、現場ではムードメーカーで、その上、お芝居もすごく作りこんでいて本当に尊敬します。会社にこういう人がいたら、本当に社内の雰囲気が変わるんだろうなと思いますね。

写真

Qもし入れ替わるとしたら、誰と入れ替わりたいですか?

1日限定であれば、柳沢慎吾さんと入れ替わりたいです。そして、一日中黙っていたいと思いますね(笑)。現場でも、入られてから、「お疲れ様でした!」と現場を後にされるまで、ノンストップでおしゃべりされていますから。で、僕になった慎吾さんが逆にずっとしゃべったりネタをしたりしたら、それも面白いと思いますよ。

Q視聴者の方にメッセージをお願いいたします。

本当に幅広い年齢の方が楽しめる、心温まるドラマだと思います。最終回ではまず、星見と菱子がどうなるのかというところですね。老婆からは試練を乗り越えたらもとに戻れるといわれているので、それをどうやってクリアするのか注目してください。また麦太郎は転勤の危機にさらされてしまいます。家族が大好きな麦太郎なので、単身赴任ということになれば、家族とバラバラになってしまいますし、その辺りの葛藤は見どころになると思いますので、楽しみにしていてください。

(予告動画)