2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

あらすじ

第8話

パリで3年が経過していた。
篤蔵 (佐藤健) は、フランス料理の最高峰オテル・リッツで、神様エスコフィエの元で修行していた。
明治天皇崩御のしらせが舞い込んだころ、粟野 (郷ひろみ) は篤蔵を大使館に呼び出し 『天皇陛下の料理番』 の要請が来ていることを告げる。「大日本帝国一のシェフになる」 という兄・周太郎 (鈴木亮平) との約束を想いながら葛藤する篤蔵だが…

一方、日本では、周太郎の容態がますます悪化していた。死期を悟ったかのような周太郎は…

そして別の道を歩んでいる 俊子 (黒木華) も、吉原の門の奥に消えていく…


↑このページの一番上へ