コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS「日曜劇場 SCANDAL」

毎週日曜よる9時放送!



インタビュー

#12 小日向文世さん(勝沼龍太郎役)

日曜劇場『SCANDAL』の感想を教えてください。
『女性って強いなぁ…』と改めて認識したドラマでした(笑)。
脚本の井上由美子さんが女性だからか、ものすごく冷静に女性の本質や強さを見ているんですね。特に貴子たちがそれぞれの夫なり、それ以外の男性と2人きりになるシーンで、女性の『強さ』や『したたかさ』を感じました。
男性側がイニシアチブをとっているように見えても、実はいつでも貴子たち女性側が舵取りをしているんですね。
だから高柳家、河合家、鮫島家は、奥さんが本気で怒ったときには、ダンナたちは「ちょっ…ちょっと待ってよ」と気弱になってしまう。
でも新藤家のたまきと哲夫だけは、なぜか危うさを感じていましたが。
これだけ上手く女性の裏と表を描けるのも、女性を冷静かつ深く観察している井上さんだからだと思います。本当にお見事です。
このドラマは、女性視聴者は「そーなのよー」って貴子たちに共感しながら見れるけど、男性視聴者はかなりドキッとしたり、ハラハラしたりしていたんじゃないでしょうか。
男性は痛いところを容赦なくえぐられたドラマだと思います。

次へ→