コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS「日曜劇場 SCANDAL」

毎週日曜よる9時放送!



人物相関図


白石理佐子(戸田菜穂)
年齢:40歳
職業:無職

航空会社のCAを辞めた後、外資系専門の秘書派遣会社の派遣社員、ホステスなど職を転々としていた。自分の結婚式に、何の接点も無い貴子たちを呼び集め、逆ナンゲームを自ら提案したがそのまま失踪。しかしゲームの最中、謎の男とラブホテルに入るところを貴子に見られていた。
久木田の話によると、8年前に彼の起こした傷害事件の示談金を、理佐子が肩代わりしたため、元・彼の秀典に借金をしたり、常客の賢治に金の無心をしていたらしい。失踪直後は哲夫に匿われて、新藤家の亡き息子・駿介の部屋に隠れていたが、そのときに血の付いたナイフを駿介のベッドの下に隠していた。ナイフから理佐子の指紋と成人男性の血痕が出たことによって、今まで事件に巻き込まれた被害者と思われていた理佐子が、加害者だったことが発覚する。
哲夫の助けによって貴子たちの手を逃れた理佐子は、彼に貴子たちへの手紙を託す。その手紙の内容は「真実を知りたければ、結婚式を挙げた教会へ来い」というものだった。そして約束の日時に、ついに貴子たちの前に姿を現した理佐子は、久木田との結婚の邪魔になる金沢を殺そうとしたと告白。貴子たちを結婚式に呼んだのは、アリバイの証人にするつもりだったのだ。しかし金沢殺害に失敗して、逃走。
逃げ続けた理由は、久木田のピアニストとしての将来を壊したくないという自己犠牲的な深い愛ゆえだった。