インタビュー

徳重聡さん(大原透役)

葉子さんの年下の夫・透さん。ここまで紆余曲折あったものの、今はおだやかな夫婦となっています。そんな夫婦役を演じる徳重さんの結婚観とは?

これまでのご出演で、印象に残っていることはどんなことですか?

おかくらの2階で葉子と大ゲンカをして、お父さんが仲裁に入る回があったんですが、そこが一番印象に残っています。二人だけでは乗り越えられなかった大きな壁を、お父さんの力も借りてそこで乗り越えて、今の葉子と透の幸せな状況があるんです。あの大ゲンカがあったからこそ、にこやかなご報告をお父さんに出来ているんだと思います。無事に一級建築士の資格がとれ、学生アパートに近いようだったところから、立派なマンションに移って…そうやって透はここまで歩んできたんだな、と思うと不思議な感じですね。

イメージ
透さんとはどういう男性だとお考えですか?

とてもまっすぐな人です。家族に恵まれていなかったのに、ひねくれたところがなくて、素晴らしいと思います。葉子さんは、透のそういうまっすぐな人間としての美しい部分と、家族のいない寂しさみたいなところに惹かれたのかと、ぼくは思っています。家族に飢えていたのが、葉子のおかげでだんだん補えて、お父さんが出来て嬉しくて、さらに「子ども」という存在で幸せになっていく。最初は葉子さんと結婚する、とも聞いていませんでしたし、今の状況は意外でしたね(笑)。
透のまっすぐさを表現するのに、普通の芝居よりも会話する相手の目をしっかり見たり、台本になくてもなるべく一礼をするとか、小さいことですけれど気をつけています。でも演出の方に「そこで一礼しなくていいです」とか言われてしまうこともあるんですけれどね。「礼を正す」と言いますか、いろいろと意識はしているつもりですが、セリフを言うのでいっぱいいっぱいなので、そんなにほかに気を使えていなかも知れませんけれど(笑)。

徳重さんがお考えになる「夫婦」とはどういうものですか?

葉子さんは透の幸せを本当に願っています。そのことでこの二人は、かなりもめましたし(笑)。葉子さんは相当年齢のことを気にしていますが、透ではなく、ぼく自身は全く気にすることはないと思っていますよ。もっともぼくだけでなく、男はそう思う人が多いんじゃないかと思いますけれどね。
結婚した経験がないから、夫婦というのはやっぱり謎な存在です。はっきりしたものは全く見えないですね。結婚願望はありますよ。透と同じように結婚して、子どもも欲しいと思いますけれど、具体的に「夫婦」というものがどういうものかは、まだ言葉に出来ないですね。

イメージ
透さんと葉子さんの夫婦の関係についてはどう思われますか?

いい関係だと思います。お互いがお互いを想い過ぎるところはありますけれど、想わないより想いすぎている方がいいですし、それだけ愛情が深い証拠ですから、とてもいいパートナーだと思います。
この二人は仕事の上でもいいパートナーですけれど、その部分はぼく自身はわからないです。すごくうまくいくのか、全くだめなのか、どちらかの気がしますね(笑)。

徳重さんにとって「鬼」とは?

父親と会社の小林専務です(笑)。もちろん、いなければいけない鬼です。父親には子どもの頃、とにかく厳しく育てられましたし、大人になってからは事務所の専務に厳しく育てられました。本当にいてくれて良かった、という鬼です。
悪いだけの鬼というのは、今回の震災とか、そういうことだと思います。事務所の先輩たちと避難所に行ったとき、電気は来ているけれど、9時までしかテレビを見られないので、この番組を見られなくて残念だと、本当にたくさんの方に声をかけていただきました。少しでも早く復興して、一歩でも前に進んで、この番組を応援してくださっている皆さんに、9時からご覧いただけるようになるといいと心から願っています。

番組をご覧の皆さまにメッセージをお願いします。

透も父親になりますし、頼もしくなってきました。家族のいなかった透が、葉子と出会い、最後には子どもを持って幸せになっていく過程を見てください。まだこの先、どうなるかわかりませんけれど、きっとそうなると信じて、幸せになっていく姿を見ていただければいいなと思います。それはイコール、これまでなかなか幸せになれなかった葉子も幸せになることでもあります。二人それぞれの幸せが二つで一つ、そこを楽しみにしていただければ嬉しいです。