2019年1月
金曜よる10時スタート

金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』

金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』

みどころ

高畑充希
TBSドラマ初主演にして初の刑事役に!
超豪華“おじさま”俳優たちと共に、
これまでにない、ひとクセある事件解決ドラマに挑む!

高畑充希

西島秀俊

キャスト四名

TBSは来年1月からの金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)にて『メゾン・ド・ポリス』を放送する。主人公の新人刑事・牧野ひよりが、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく一話完結の刑事ドラマである。

原作は加藤実秋の小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫刊)。「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」(同上)は、今年1月に発売されると半年も経たずに5度の重版がかかり、その後も版を重ねている。その人気から、早くも続編の「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視」(同上)が10月24日(水)に発売されることが決定した人気作だ。

主人公の新人刑事・牧野まきのひよりを演じるのは、若手を代表する女優の一人・高畑充希。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年上半期)のヒロインで鮮烈な印象を与え、『過保護のカホコ』(NTV・2017年)や現在放送中の『忘却のサチコ』(TX)などで次々と主演を務め、テレビドラマだけでなく映画や舞台でも様々な役柄を自分のものにするその演技力に評価が高い。そんな彼女が意外にもこれまでに演じたことのなかった刑事役に初挑戦する。高畑がTBSの連続ドラマにレギュラー出演するのは『3年B組金八先生』第8シリーズ(2007年10月~2008年3月)以来約10年ぶりで、TBSドラマの主演を務めるのは今作が初となる。なお、ゲストとしては『夫婦道2』(2009年4月~6月)の最終回に出演している。

このドラマ及び原作のタイトルとなっている「メゾン・ド・ポリス」とは、退職警察官専用のシェアハウスである。高齢ゆえの持病を抱えながらも元警官として抜群の能力や知識を持つアクの強い“おじさま”たちが、仲良くシェアハウスで暮らしている。そこに高畑演じるひよりが訪ねて来るところから物語は始まる。

エプロン姿でメゾンの使用人を務めるが、2年前までは警視庁捜査一課の敏腕刑事だった夏目惣一郎なつめそういちろうを演じるのは、男女問わず幅広い世代に人気でドラマ・映画の出演作が絶えることなく、独特の個性を放つ西島秀俊。さらに、現役警察官時代は事務畑一筋で現在はメゾンの管理人を務める高平厚彦たかひらあつひこには小日向文世、元科学捜査研究所勤務の博士で白衣がトレードマークのインテリ紳士・藤堂雅人とうどうまさと役に野口五郎、定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事・迫田保さこたたもつ役には角野卓造、メゾンの大家で白髪と笑顔が似合う好々爺・伊達有嗣だてありつぐ役に近藤正臣と、日本のエンターテインメント界で重鎮として存在感を放つ超豪華“おじさま”俳優が集結した。

退職した現在でも、老眼や腰の痛み、持病と闘いながら現役時代を忘れていないおじさまたちは、ひよりの来訪をきっかけに捜査魂が再燃し事件に介入していく。そうして、念願の刑事課配属になり、なんとしても真相を突き止めたいひよりと、“おじさま”の中でひとりだけ捜査に乗り気ではなかったが、刑事として幾多の難事件を解決してきた夏目の二人が渋々コンビを組んで捜査に乗り出すが…。

あらすじ

柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑充希)は念願かなって刑事課に配属されて2年目、やる気に満ち溢れていた。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされるという事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく、「デスダンス事件」と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

この洋館には、館のオーナーであり元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義の元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていた。ここは元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスだったのだ。

ひよりは夏目に話を聞きにきたのだが、当の夏目は口を割ろうとせず藤堂や迫田のペースで事が進んでいく。警察を退職した、いまや一般人のおじさんたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てるが、「上には私が一声かけておきましょう」という伊達の謎の一言で話は進んでいってしまう。

こうしてひよりとおじさんたちの不思議な捜査会議が始まった。老眼、腰痛、高血圧だが捜査の腕は超一流のくせ者おじさんたちと共に、ひよりは事件を追っていくことになるのだが──。

コメント

高畑充希
TBSの連続ドラマは金八先生以来です。
10年ぶりに帰ってこられてうれしいです!
痛快な刑事ドラマが好きで、10代の頃からよく見ていました。今回初めての刑事役ということで、ウキウキ楽しみな気持ちと、あんな難しいたくさんのセリフ覚えられるのかな…と不安な気持ちが五分五分です。でも、素敵すぎるおじさま方が周りを固めてくださると伺って、ホッと!
先輩方の胸をお借りして、のびのび楽しく撮影出来たらな、と思います。

西島秀俊
夏目惣一郎は真面目で不器用な男です。そんな男が、おじさんしかいないシェアハウスに住んでいるという設定に不思議な魅力を感じています。
高畑さんとは以前の作品では親子でしたが、今回はコンビという新しい関係でのお芝居が楽しみです。そして、個性豊かなシェアハウスの同居人を尊敬する大先輩たちが演じると聞き、是非ご一緒させて頂きたいと思いました。
第1話の台本は、「さあこれから何かが始まる!」、そんな期待に溢れています。週末の金曜日に、視聴者のみなさんの疲れを吹き飛ばすような楽しいドラマを目指して、スタッフ、キャスト、みんなで頑張ります。若い女性刑事と、経験豊富なクセのある元凄腕警察官たちの人間ドラマを楽しみにして下さい。

原作・加藤実秋
こつこつと書き続けた作品に、ご褒美をいただいたような気持ちです。豪華なキャストのみなさんが、強者曲者揃いのキャラクターをどう演じられるのか、一視聴者として楽しみたいと思います! 撮影が無事に進み、パワフルな現場になるよう祈るばかりです。

プロデューサー・橋本芙美
原作を初めて手にした時、「元警察官のおじさまたちがシェアハウスに住む」という見たことのない設定にとってもワクワクしました。さらに、新米女性刑事がやって来て、おじさまたちと一緒に事件を解決していくなんて、面白すぎて心が躍りました。
そんな、とびきりのワクワク感を入口に、毎回起こる事件は骨太でシリアスでありながら、主人公・ひよりと一癖も二癖もあるおじさまたちが反発したり協力したり、次第にファミリーのようになって事件を解決していく姿を描くことで、斬新で痛快でカッコいい事件ドラマが打ち出せると確信しました。

そして、このドラマのテーマは「このままでは終わりたくない」という思いです。

主人公・ひよりは、ある過去の出来事が自分の人生に大きな影響を与えています。その真相を、必ず突き止めたいと思っています。
警察を退職したおじさまたちは、それぞれに過去の事件、人間関係を深く抱えたまま平穏な日々を過ごしていました。
そんな彼らが出会った時、人生の歯車が大きく動き出し、過去と向き合い新たな1歩を踏み出します。
まだまだ血気盛んな退職警官5人と新米刑事・ひよりの活躍を通して、日本全国のお茶の間へ、この上なく楽しい時間と明日への元気をお届けします!

今回の主人公である牧野ひよりは、特殊能力があるわけではない、性格に問題があるわけでもない、熱血過ぎるわけでもない、ただ真相を突き止めたいと願い悩み奔走するヒロインです。ごく普通の等身大の新人女性刑事は、ある意味新しいヒロイン像です。この、簡単なようで実は難しい役どころを演じられるのは、様々な役を個性豊かに魅力的に演じてきた高畑充希さんしかいないと思いました。
その相棒となる元捜査一課の敏腕刑事・夏目惣一郎には、多くを語らずともその圧倒的な存在感と誰にも真似できない雰囲気を纏い男女問わず絶大な人気を誇る西島秀俊さんがぴったりと思いオファーさせていただきました。
また、メゾンに住む警察を定年退職した個性的なおじさまたちには、映画・ドラマ・舞台に引っ張りだこの小日向文世さん、テレビやステージで輝き続ける野口五郎さん、お茶の間で幅広い世代に人気の角野卓造さん、映画・ドラマ界の重鎮・近藤正臣さん、という素晴らしい方々が集結してくださいました。

笑いあり、サスペンスあり、人間ドラマありの今までにない事件ドラマを、2019年TBS1月期金曜ドラマで放送します!

出演者

牧野まきのひより  …  高畑充希
夏目惣一郎なつめそういちろう  …  西島秀俊
 ・ 
高平厚彦たかひらあつひこ  …  小日向文世
 ・ 
藤堂雅人とうどうまさと  …  野口五郎
迫田 保さこたたもつ  …  角野卓造
伊達有嗣だてありつぐ  …  近藤正臣

スタッフ

製作:
共同テレビ
TBS

原作:
加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫刊)

加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫刊)

脚本:
黒岩 勉

演出:
佐藤祐市(共同テレビ)

プロデューサー:
橋本芙美(共同テレビ)

ページトップへ