お知らせ

2018.12.26

TBS宣伝部の宣伝誌『La Boo』2018年冬号配布中!!

写真

TBS宣伝部の番組情報誌『La Boo』2018年冬号 を配布中!!
金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』では、高畑充希さん×西島秀俊さんの対談。相関図、あらすじなどを掲載しています。
郵送をご希望の方、web版をご覧になりたい方は、「La Boo(ラ・ブ)」公式サイトをご覧ください。

また、『La Boo(ラ・ブ)』は、以下のTBSストアでも無料配布しております。
※発行後に配布を開始しますが、無くなり次第終了します。

TBS ストア 赤坂店
〒107-6301 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー113-1
TEL:03-3505-7836 営業時間:11:00〜21:00(土・日・祝〜20:00)
赤坂サカス内「赤坂Bizタワー」アネックス1F

TBS ストア 東京駅店
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1F
TEL:03-6273-8216  営業時間:10:00〜20:30
八重洲地下中央口改札 東京キャラクターストリート内

テレビ局公式ショップ〜ツリービレッジ〜
〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2
東京スカイツリータウン・ソラマチ 4階
テレビ局公式ショップ〜ツリービレッジ〜
TEL:03-5610-3181
営業時間:9:00〜21:00

2018.12.13

主題歌がWANIMAの書き下ろしの新曲「アゲイン」に決定!

写真

TBSが来年1月から放送する高畑充希主演の金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』。
このドラマの主題歌を、幅広い年齢層から人気を集めるロックバンド・WANIMAが担当することが決定した。WANIMAはKENTA、KO-SHIN、FUJIの3人からなる東京都在住熊本県出身のロックバンドで、2014年のデビュー以降瞬く間に大人気となり、今年1月にリリースされたメジャー1stフルアルバム「Everybody!!」(読み:エビバデ)が35万枚を突破、8月には初のドーム公演を開催し2日間で7万人を動員するなど、国民的ロックバンドへの階段を歩み続けるスリーピースロックバンドである。

主題歌「アゲイン」はこのドラマのために書き下ろされた新曲で、現在のところ発売は未定。WANIMAの真骨頂ともいえる疾走感溢れる楽曲が、『メゾン・ド・ポリス』の視聴者のハートを鷲掴みする!!

WANIMA KENTA(Ba/Vo)からメッセージ
主題歌を任せて頂きありがとうございます。
純粋にうれしかったです。
3人で何度も試してはやり直し辿り着いた一曲です。
沢山の方々に届くことを願っております。
「アゲイン」開催します!!

プロデューサー・橋本芙美コメント
新たな名曲が誕生したと言っても過言ではないくらい、素晴らしい楽曲をWANIMAさんが作ってくださいました。この曲を聴くと、たちまちテンションが上がってくる、元気が沸いてくる、そんな曲です。「このままでは終わりたくない」という、このドラマのテーマをストレートにド真ん中に据えて、ひよりとおじさまたちがこれから一緒になって向かっていくドラマのうねりをさらに盛り上げてくれる曲であると確信しました。一度聞くと頭から離れなくなる直球なメロディと、魂溢れる歌が、ドラマと共に視聴者の皆様の心をガッツリ掴んでくれること、間違いなしです!

2018.11.26

クランクイン&追加キャスト情報

高畑充希が長髪をバッサリ切ってクランクイン!
そして“おじさま”以外のキャストも決定!!

写真

TBSが1月から放送する金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(毎週金曜よる10時)。主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑充希)が退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく一話完結の刑事ドラマである。

初の刑事役に挑む高畑充希は、胸元まで届くロングヘアをバッサリと切ってクランクインに臨んだ。原作小説の表紙絵には髪を結わえたひよりが描かれているが、原作と脚本を読んだ高畑がボブヘアを監督に提案。スタッフ全員一致でその意見が採用され、20cmほど髪を切り先日のクランクインに臨んだ。まだ全員がクランクインしたわけではないが、ひよりがメゾンを始めて訪れ雑用係の夏目(西島秀俊)やオーナーの伊達(近藤正臣)と会話をする第1話の冒頭シーンが収録された。ボブヘアになったことで「スッキリして役に臨めている」と高畑本人は語る。クセの強い“おじさま”たちに振り回されながらも信念を持って事件解決に走り回るひよりに注目だ!

そして、ひよりとメゾンに住む“おじさま”以外のキャストも決定した。ひよりも所属する柳町北署の鑑識係でひよりのよき相談相手である杉岡沙耶役には、映画やテレビドラマで活躍を続ける西田尚美。買い物コーディネーターとしてメゾンに出入りしおじさまたちの御用聞きとして活躍する瀬川草介には、次代を担う若手俳優で爽やかな笑顔が魅力の竜星涼。柳町北署でひよりの先輩刑事・原田照之役には、映画・ドラマ・舞台・ミュージカルなど様々なジャンルで存在感を発揮する木村了。そして柳町北署刑事課長でメゾンとひよりをつなぐことになる新木幸司役には、昨今の映画・テレビドラマには欠かせないバイプレイヤー戸田昌宏。若手、中堅、ベテランと各世代が満遍なく揃ったこのドラマ。今回加わった俳優陣もクセの強いメゾンの“おじさま”たちとはまた違った存在感を発揮してくれるはずだ。
一話完結で事件解決のハラハラ&スッキリ感と、ホームドラマのように親しみやすくて愉快な掛け合いを見逃すな!!

写真

出演が発表された、左から西田尚美、竜星涼、木村了、戸田昌宏

高畑充希コメント
今回、ひよりという役をやらせていただくことになり、髪を20センチくらい切りました。最初に原作や台本を読んだ時に、ひよりはいい意味で“個性がない”女の子だな、と思いました。どんな人なんだろう、と、監督はじめスタッフの方々と相談しているうちに「バッサリいくのもいいね」とみんなで盛り上がり、バッサリと(笑)。いざ切ってみるとすごく気持ちがスッキリして、スーツを着ると「よし、ひよりだぁ!」とスイッチが入る気がします。
先日リハーサルで、共演させていただく方々と顔を合わせることが出来たのもあって、違和感や変な緊張感なくクランクインを迎えられました。みなさんめちゃくちゃ楽しい方ですし、何でも受け止めてくださるので、すごく穏やかな気持ちで現場にいます。
西島さんとは朝ドラで親子役だったんですが、その時は1シーンしかご一緒できなくて。でも今回はタッグを組んで捜査出来るので、すごく嬉しいです。リハーサルでは「役の距離感が近い」と、監督に叱られてしまいました(笑)。序盤は仲の悪い設定なので、頑張って仲悪くやらなきゃって思っています(笑)。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

TOP