ワクワクするしごと

(写真)

桝本 瑠璃

Ruri Masumoto

ビジュアルデザインセンターデザイン部 2009年入社
担当番組:『櫻井・有吉THE夜会』『ビビット』『COUNT DOWN TV』『ゴロウ・デラックス』『NEWSな2人』『有田哲平の夢なら醒めないで』『サンデージャポン』など

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

音楽番組やバラエティのセットデザインと美術プロデューサーをしています。番組の世界観をプランニングし具現化するのが仕事です。
セットデザインの仕事の流れは、まずディレクターと打ち合わせをしてどんな世界観の番組にするのか、キーワードを引出しながらイメージします。
資料集めやスケッチをしながらデザインの方向性を決め、図面を引き、模型を作って構造上成立するかなど確認します。
実際にモノをつくりカタチにするのは大道具・小道具・電飾などそれぞれの業者さんなので、自分の思い描いているものとズレが生じないよう微妙な色味や質感など、ディテールまでしっかり伝えながら発注します。
収録に向けて、技術陣と照明プランやカメラアングルを探る打ち合わせでは、図面や模型を駆使してイメージを伝え、スタッフみんなで共有します。
収録前日、セットの建て込みでは各業者さんに細かい指示を出したり安全確認をして、収録本番からバラしまで立ち会い、番組全体のビジュアルを管理します。
セットデザイン以外にも番組ロゴ、Web、広告等のグラフィックデザイン、イベントステージ、会社のブランディング等あらゆるデザインに携わります。

Positive part of my work

収録本番で照明・カメラ・出演者が入り、セットと番組の世界感がぴったりはまったとき。たくさんのスタッフの手で作り上げられた一体感を感じてワクワクします。そんなときは苦労もふっとび、みんなで番組をつくる喜びをかみしめながら、この仕事を続けて良かったなぁと思います。

Negative part of my work

番組をいくつも掛け持ちしていると、短期間でどんどんアイディアを出さなければならず、生みの苦しみがあります。あとは、休みが土日と決まっていないので、友人とスケジュールが合わなかったりプライベートの予定が立てづらいところ。

Schedule of one day

9:30

(写真)

起床

朝は全然起きられないので、目覚ましは数分おきに10回くらいセットしてます。起きたらバジルに水をあげて、摘んで食べたり。

11:00

(写真)

出社

メールのチェックや打ち合わせの準備をします。

13:00

(写真)

打ち合わせが3つ

1「ビビット」番組内のコーナーで『ザ・ベストテン』のセットの再現をしたいという相談があり当時の図面を広げながら打ち合わせ。
2「CDTV年越しライブ」セットデザインの方向性を決める打ち合わせ。ディレクターと話しながら、どんな世界観にするか考えます。
3「有田哲平の夢なら醒めないで」ロケ用の簡易的なセットの依頼を受けて、スタジオセットのデザインとテイストを合わせてどんなデザインにするかを提案します。

17:00

(写真)

お金の計算

締め日が近いので美術プロデューサーとして担当している番組の美術費の計算をします。

18:00

(写真)

デザイン作業

日中のディレクターとの打ち合わせを受けて、資料を集めたりセットのラフスケッチを描きながらデザインを考えます。

21:00

(写真)

飲みにいく

集中力が切れたので飲みにいきます。
本日の仕事は終了!

この日は打ち合わせが重なっていましたが、収録や建て込み、繁忙期など日によって出社時間も帰りの時間も大きく変わります。デザイナーは基本的に一人でデザインを考えたり模型を作ったりという時間が多いので、締め切りに向けて逆算しながら作業をして、休む日を決めたり自分でスケジュールを管理します。

Outside work

(写真)

day off

友人の子どもをジロジロ眺める、映画や展示を観る、ライブに行く、稀にDJ。それ以外はだいたい酒場にいます。

(写真)

college life

美術大学でプロダクトデザインを専攻していましたが、課題の提出はいつも期限の直前で、可能な限り授業をサボってました。名画座をはしごして映画を観たり、友人を巻き込んで短編映画を撮ったり、秘境に行って洞窟にもぐったり、興味の有る事に貪欲に生きてました。

Message

学生時代、テレビ局にセットデザイナーという職業がある事すら知らなかったので、図面の引き方や模型の作り方など勉強して来ませんでしたが、実務的な事は入社してから勉強すればいいので大丈夫です。それよりも興味の振れ幅を広く持って、旅に出たり、一流のものに触れてモノの見方や考え方を鍛えることの方が大事だと思います。今しか出来ない経験をたくさんして、引出しを増やしておくと色んな場面を切り抜ける強い武器になります。

(写真)