社員紹介

映像の未来をつくる

イメージ

松野 忠雄

Tadao Matsuno

ビジュアルデザインセンター デザイン部 1996年入社
担当番組:天皇の料理番・レッドクロス・南極大陸 など

Work

イメージ

About my work

ドラマ番組などで、ストーリーに合わせて、実際にはない街並みや風景などをCG合成で作る仕事をしています。時にはロケットなど、どんなに努力しても動かせないものも劇中用にCGで作ります。すごくリアルに、あたかも本物のように見えないといけないところが難しいところです。

イメージ

イメージ

Positive part of my work

どんな突拍子もない発想でも、イメージさえもっていれば、CGでリアルに映像化できるところです。

Negative part of my work

いいCG映像を作るには時間と人手がかかります。一方で、テレビは常に短期勝負なところが難しいところです。

Schedule of one day

10:00

イメージ

会社到着

昨日の制作したものを一つ一つ最終確認
そして編集室に納品します

13:00

イメージ

昼食

日頃の野菜不足を補う。

15:00

イメージ

打ち合わせ

どうすれば良いか。。
持ち帰って検討です。

18:00

イメージ

コンビニで軽食

遅くなりそうなときはもっとしっかり食べます。

19:00

イメージ

CGの出来栄えをチェック

なかなかよくできてます。

21:00

イメージ

帰宅

早めに帰れたときは、海外ドラマを見ます。
色々と仕事の参考になります。

みなのCG制作をフォローしてまとめてゆくのが仕事です。
頑張って作っているスタッフと終電まで粘るときも多々あります。
一日中社内でCG制作を進めているときもありますし、
社外でドラマのロケなどに立ち会うときもあります。
そんなときは早朝から始動します。

Outside work

イメージ

dayoff

休みは海外ドラマにはまっています。そして家族サービスです。

イメージ

college life

人間形ロボット作ってました。機械工作が特技です。
(大学時代の写真がみつからず…写真は最近の仕事風景です。)

Message

自分が心底楽しめる仕事、夢中になれる仕事を目指してください。

デザイン

PEOPLE