世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第317回2002年09月08日
グヌン・ムル国立公園(マレーシア)
遺産名:
グヌン・ムル国立公園
The Gunung Mulu National Park
所在地:マレーシア(Malaysia)
分 類:N(i)N(ii)N(iii)N(iv)
登録年:2000
放送日:2002年09月08日
放送回:第317回
グヌン・ムル国立公園
previous on air
  next on air
onair access slide


マレーシア、ボルネオ島サラワク州。隙間なく密生する熱帯雨林を果てしなく蛇行する川をさかのぼっていくと、「ボルネオ最後の秘境」とうたわれたグヌン・ムル国立公園にたどり着く。つい最近まで、この地に赴く唯一の交通手段はボートしかなかった。現在は双発プロペラ機の定期便が運行されている。
photo

ボルネオのジャングルは不思議な生き物の宝庫である。日本名が未だつけられていない、本邦初公開の生物たち。この巨大カタツムリは、下ろし金のような歯で好物のキノコを猛烈なスピードで食べ尽くす。
photo

通路型、つまり入り口があって出口がある洞窟としては世界最大といわれるディアケーブに生息するオヒキコウモリの子供。洞窟内には一説によると600万匹のオヒキコウモリが住んでいる。テレビの画面では伝えることはできないが、洞窟を訪れた人は彼らの強烈な糞尿の匂いに閉口することになる。
photo

夕方になると、ディアケーブのコウモリたちは餌を求めて一斉に飛び立ち、洞窟を出て行く。コウモリの群れはある時は天に昇る龍のように、またある時は押し寄せる津波のように、不規則な隊列を組んで飛んで行く。晴れた日の夕方によく見られるこの大自然の一大イベントは、まさに「ボルネオ最後の秘境」グヌン・ムルの象徴である。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.