世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第304回2002年06月09日
ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ(イタリア)
遺産名:
ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ
Villa Romana del Casale
所在地:イタリア(Italy)
分 類:C(i)C(ii)C(iii)
登録年:1997
放送日:2002年06月09日
放送回:第304回
ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ
previous on air
  next on air
onair access slide


地中海最大の島、シチリア島。アフリカ大陸まで140km。ヨーロッパとアフリカを結ぶ重要な拠点だった。この島にはヨーロッパとアフリカの交流の軌跡が残されている。
photo

プーピ人形。2001年、ユネスコは世界の19の無形遺産を「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」として発表する。シチリアの大衆芸能として普及したプーピ人形劇は、そのうちのひとつに選ばれた。
photo

紀元3世紀から4世紀にかけて建てられた貴族の別荘-ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ。ローマ帝国が衰退に向かう時代、戦場から遠く離れたシチリア島は繁栄を続けることが出来た。奴隷やコロヌスと呼ばれた小作人を使った大規模の農業を経営し、莫大な冨を得た。貴族はその冨で贅沢なヴィッラを建築。
photo

この贅沢なヴィッラの特徴は、その床にある。北アフリカのモザイク職人を呼び、つくられたモザイク装飾。最大のものは、67mの大回廊。動物の血など、当時の北アフリカの様子が生々しく描写されている。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.