EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第267回2001年09月16日
ケルン大聖堂(ドイツ)
遺産名:
ケルン大聖堂
Cologne Cathedral
所在地:ドイツ(Germany)
分 類:C(i)C(ii)C(iv)
登録年:1996
放送日:2001年09月16日
放送回:第267回
ケルン大聖堂
previous on air
  next on air
onair access slide


ケルン大聖堂は1248年に着工されたが、1560年に資金難などの理由で工事は一次中断された。300年あまりの空白の後、1880年にようやく建設工事は終了した。完成までに600年あまりの歳月がかかったことになる。
photo

中断した工事の再開のきっかけとなったのが、行方不明になっていた、この西側双塔部分の設計図の発見だった。1814年のことである。工事中断の空白が逆に、純粋なゴシック様式の大聖堂を残すことにつながったのである。双塔の高さは150mを超える。
photo

ケルン大聖堂は、1万平方mに及ぶステンドグラスに飾られている。12世紀に始まったゴシック様式の建設技法は、大聖堂内に窓を大きく作ることを可能にし、荘厳な宗教空間を演出していった。
photo

内陣奥に置かれた聖遺物を安置した聖棺。12世紀にケルンにもたらされた「東方三博士」の遺骨がケルン大聖堂の聖遺物である。この最遺物がケルン大聖堂の存在をヨーロッパ中に知らしめたのである。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.