EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第254回2001年05月27日
グラーツ歴史地区(オーストリア)
遺産名:
グラーツ歴史地区
City of Graz - Historic Centre
所在地:オーストリア(Austria)
分 類:C(ii)C(iv)
登録年:1999
放送日:2001年05月27日
放送回:第254回
グラーツ歴史地区
previous on air
  next on air
onair access slide


オーストリア第2の都市、グラーツ。グラーツという地名はスラブ語で「小さな城」を意味するグラデツに由来する。イタリアルネッサンス芸術の波とハプスブルク家の財力が街の輪郭を作り上げた。
photo

グラーツは中央ヨーロッパをオスマン帝国の脅威から守る拠点でもあった。そのため城塞建築技術が進んでいたイタリアから建築家を呼んだ。彼らは城塞建築と、そして宮殿建築に腕を振るうことになった。この州庁舎中庭もイタリア人建築家によるもの。イタリア国外で最も重要なルネッサンス建築のひとつといわれている。
photo

現存するヨーロッパ最大の武器庫。武器、甲冑がおよそ3万点。16世紀から17世紀のものが多い。度重なる東方からの異民族の侵入に備えるため作られた。中には馬のための甲冑もあり、完成までに2年を要したという。
photo

グラーツのシンボルといわれる時計台。完成したのは1561年、時計についていたのは時間を示す1本の針だけ。のちに分を表す針もつけられたが、時間を示す針が重要であるという理由から長針で時間、短針で分を示す不思議な時計となった。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.