EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第240回2001年02月18日
ヴルコリニェツ(スロバキア)
遺産名:
ヴルコリニェツ
Vlkolinec
所在地:スロバキア(Slovakia)
分 類:C(iv)C(v)
登録年:1993
放送日:2001年02月18日
放送回:第240回
ヴルコリニェツ
previous on air
  next on air
onair access slide


スロバキアの中部、山の中にひっそりと佇む村。ヴルコリニェツ。狼を仕留める猟師達の村として昔から知られる。ヴルコとはスロバキア語で狼という意味。この村のはじまりは10世紀といわれ、文献に出てくるのは14世紀末である。
スロバキアの山岳部に多く見られる典型的な木造家屋が45戸保存されている。
photo

1835年に建てられた木造家屋。切り妻屋根が特徴である。小さな穴は、煙出し用というよりは明かり取りのためのもの。煙突のない屋根は、暖炉やオーブンの煙によっていぶされ耐久性が増すように工夫されている。
photo

この村に生まれ育ったエミリアさん、88歳。エミエリアさんの朝は小屋から鶏を出すことからはじまる。夫と息子を亡くし一人暮らし。家畜の世話と農作業で、春から秋まで重労働の日々が続くという。寒い冬が、唯一体を休めることが出来る安息の季節。
photo

村の唯一の教会、聖母教会。20世紀半ばまで、ここには電気もなく村人は何世紀もの間孤立した生活を送っていた。周囲の厳しい自然に囲まれ、人々の生き方は神への忠誠と隣人への愛に貫かれていた。2000年のクリスマスイブ、教会のミサは村人と近隣から集まった人々で溢れていた。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.