世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第175回1999年10月31日
聖地キャンディ(スリランカ)
遺産名:
聖地キャンディ
Sacred City of Kandy
所在地:スリランカ(Sri Lanka)
分 類:C(iv)C(vi)
登録年:1988
放送日:1999年10月31日
放送回:第175回
聖地キャンディ
previous on air
  next on air
onair access slide


スリランカ丘陵地帯の街・キャンディは、15〜19世紀の王都。聳える大伽藍は、「仏歯(釈迦の糸切り歯)」を納める仏歯寺。仏教の至宝が安置された聖地キャンディは、仏教徒が70%を占めるこの国の、信仰の中心でもある。
photo

象牙で飾られた仏歯堂の正面。この中に、仏歯は納められている。スリランカでは、古来、仏歯が王権の象徴とされた。日本における「三種の神器」のように、これを持つ者が王朝の後継者とされ、王たちはみな壮大な伽藍を築いて仏歯を祀った。
photo

黄金の仏舎利容器は、その中に7重の小箱が重なる厳重なもの。中の仏歯が人目に触れることは殆ど無い。参拝する人々は、この黄金の舎利容器の姿だけを、日に3度の供物奉献儀式の時、数分間だけ小窓から垣間見ることができる。
photo

毎年7〜8月、キャンディは「ペラヘラ」の祭に湧く。松明に照らし出された街を百頭もの象が練り歩き、仏歯を祀る舎利容器のひとつが象の背に乗せられて街を巡る。街は、人々の信仰を映し出す、巨大な祝祭空間になる。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.