EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第159回1999年06月27日
ポポカテペトル山麓にある16世紀初頭の修道院群(メキシコ)
遺産名:
ポポカテペトル山麓にある16世紀初頭の修道院群
Earliest 16th-Century Monasteries on the Slopes of Popocatepetl
所在地:メキシコ(Mexico)
分 類:C(ii)C(iv)
登録年:1994
放送日:1999年06月27日
放送回:第159回
ポポカテペトル山麓にある16世紀初頭の修道院群
previous on air
  next on air
onair access slide


16世紀、メキシコを征服したスペインは、ポポカテペトル山麓の村に拠点を築き、カトリックの布教活動を進めた。その中心には、<神の国>建設の夢を新世界に託した修道士たちの姿があった。
photo

修道士たちは、キリスト教に改宗した先住民を使って、城塞を想わせる堅固な造りの修道院を建設した。それは、キリスト教建築の新しいスタイルとして、アメリカ大陸全土へと広がっていった。
photo

植民地時代のメキシコ美術は、キリスト教美術の移植から始った。ヨーロッパ芸術に直接触れたことのない先住民は、輸入された木版画や挿絵を手本に新しい技法を身に付けていった。
photo

修道院の前庭では、セマナサンタ(聖週間)にキリストの受難と復活が再現される。植民地時代のメキシコ人は、ムチ打たれ血を流すキリストの姿に、自らの苛酷な日々を重ね合わせたのだ。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.