月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

あらすじ

京都市内のゴミ置き場でスーツケースに詰め込まれた老舗料亭の若社長・歩川大介(遠山悠介)の死体が発見された。  
鴨川西署の小金井研四朗(山田純大)警部が捜査を開始する。世間の関心も高い事件とあって、派手に報道された。
間もなく、大介の妻・マリア(山下裕子)がスーツケースを運んでいる姿を見たと証言する人物が現れ、小金井はマリアの取り調べを始めた。
マリアの担当となった国選弁護人の笠木一子(杉田かおる)は、司法研修時代の同期である富永優美子(羽田美智子)に声を掛け、二人で事件に取り組むことに。
マリアは大介より17歳年上で、元ホステス。料亭の大女将で義母の佐知代(高田美和)と大介の二人の姉、春海(棟里佳)と夏子(遊井亮子)は、マリアが大介と結婚して若女将に納まったことを快く思っていない。というのも実は、ほかに婚約者がいた大介が、マリアに騙されて結婚するはめになったと疑っていたからだ。
マリアは接見に訪れた優美子と一子に反抗的な態度をとる。そして犯行時刻には、橋のたもとで初めて会った男性と話をしていたと語る。それが証明できればマリアのアリバイは成立するが、優美子たちにはその話が事実なのか確信が持てなかった。
優美子と一子が不安を抱えたまま裁判が始まった。事件当日の目撃者や大介の元婚約者が証言に立ち、次々と事実が明らかになる。なかにはマリアに不利な事実もあり、優美子たちは苦戦を強いられる。
そんな最中、一子が担当する別の案件の依頼人・森下忍(川崎亜沙美)の死体が京都の山中で発見された。動揺して集中力を欠く一子を優美子が一喝する。
改めて事件のいきさつを整理する優美子と一子を前に、一子のアシスタント・熊野マキ(青山倫子)がある事実を指摘する。そのひと言をヒントに、優美子は見落としていた盲点に気付いた。それが糸口となり、意外な真実が明らかに…。

PAGETOP